teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今週の特撮感想

 投稿者:YM  投稿日:2019年 8月17日(土)23時22分45秒
  ・仮面ライダージオウ
 本筋としては、延々ムツカシイ話をしているだけではあるのですが、しっかりお祭り要素を盛り込んでくるのがさすがですね。
 チェイスの扱いはさすがに再生怪人Aといった感じでしたが。
 この『ジオウの世界』が”ディケイド”のロジックで生まれたのは驚きでした。(連なる地球の絵図が懐かしい)
 『カブト編』で言っていた時”空”の歪みとはそういうことだったのかと。と言うか、『ジオウ』は『電王2』ではなく『ディケイド2』だったとは……。

・リュウソウジャー
 マスターピンクの食い意地はさすがアスナのマスターでした。
 再生して、特にパワーアップしたわけでもないのにキチンと強敵だったタンクジョウさまはまさに汚名返上。
 ドルイドンが宇宙へ持ち去ったラプターたちの帰還、そしてなぜか姿を現さないワイズルーが不気味。
 
 

嫌いじゃないわ!

 投稿者:ジャイアンロボ  投稿日:2019年 8月17日(土)00時55分55秒
  >ウルトラマンタイガ
前回までは巨人と呼ばれていたタイガ達も、ようやくウルトラマンという名前が周知されてきたようですね

お気楽なキャラに見える佐々木社長の重い過去は意外ですが、あのような過去がなければEGISという割に合わなさすぎる仕事を切り盛りすることは難しいだろうなあと思うと納得ですね

三人のウルトラマンに毎回見せ場を与えようという工夫が見られるのには好感が持てますね
真面目だった前回とは打って変わってポーズを決めたがるタイタスには笑いました
怪獣リングにはなにか恐ろしい罠がありそうで、先が不安になります

ぺロリンガ成人は蕎麦のことを語る様子は満更でもなさそうだったので、五十年間面白いことがなかったというのは強がりで、それなりに地球の生活にも楽しみを見出して生きてきたんだろうと思いたいですね
 

ヘラー軍団が永遠の命を捨てて変身能力を手に入れたら、タイタスに似た姿になるんだろうか

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2019年 8月14日(水)22時51分27秒
編集済
  あんな筋肉質にはならないでしょうけど。

>ウルトラマンタイガ
兄は暑苦しくて弟はオカマ口調とは、どこまでも濃い兄弟ですね。兄を倒したウルトラマンと同じ出身のウルトラマンに倒されるのも何かの縁でしょうか。
あのアストラという雑誌は一体…
トレギア、わざわざ「できるだけ追い込んで事を運べ」「せいぜい苦しませてやるといい」とは、どこまでも陰湿な奴です。タイガ達に怪獣リングを使わせる事に何か意味があるようですね。
以前から、タイガ達の戦いは街への被害が目立つと思っていましたが、今回は特に被害が大きかったですね。リュウが見たら黙っていないでしょう。
ペロリンガ星人、人間態の役者も声も、円盤の形までもが当時のままとは徹底したこだわりでしたね。マックスメトロンみたいに今回だけセブンと繋がってる話なのか、それともセブン世界でフクシンと接触した個体と似たような経験をした、並行世界の同一個体(超ウルトラ8兄弟世界のハヤタ達みたいに)なのか。

>リュウソウジャー
今回のバンバ、前回ラストでガイソーグが兄弟の事やマスターの言葉を知ってた事実を聞かされてたのに、今回初めて聞いたかのような態度を取っていたのが違和感がありました。
お盆の死者復活が、敵側ではなく一応ヒーロー側が原因で発生するとは珍しいです。マスターピンクの復活によって、マスター3人には「実は生きていた」という展開は無い事が確定しましたね。
クレオン、復活したのがガチレウスじゃなくて良かったですね。そう言えばワイズルーはどうしたんでしょうか。まさかタンクジョウ復活のために消えた、なんて事は無いですよね…
キシリュウネプチューンブラックホールキャノンは見たまんまレボリウムウエーブでしたね。

>ジオウ
ライダー世界を1つにまとめて滅ぼす…この世界の中には、昭和ライダーの世界は含まれていないんでしょうか。
明らかに夏の劇場版とは違う流れなのに、ドライブウォッチの破損が他のウォッチ破損同様の影響を及ぼしたり、ゲイツが剛を知っていたりするところを見ると、クウガやW同様に、劇場版と似たような出来事があってドライブウォッチを入手済みという扱いなんでしょうか。
やっぱりディケイドウォッチがあれば再変身可能でしたか。しかしディケイドフォームもアナザーディケイドも、半分の力であの実力とは、つくづくディケイドの力は強力です。
この世界を破壊するというのは、MOVIE大戦のように一度破壊してから再創造させるという事でしょうか。
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2019年 8月11日(日)18時47分27秒
  ・伝説の勇者さん
>タイガ
 まぁ、一応は基本の必殺技なので、これで一匹の怪獣も倒してないのはまずいので、これで実績はできましたね。
 あのちっこい姿の時の3人は謎ですね。ちゃんと実体はあるらしいのに、ヒロユキにしか見えていないというのは・・・。
 歴代のウルトラマン同様、ウルトラマンの受けたダメージが戦闘後の変身者にも残りましたけど、治るのもあっというまでしたね。やっぱり3人中にいるとその分治りも早いんでしょうか。
 そういえば今まで怪獣リングが手に入った怪獣、みんなトレギアが召喚した奴でしたね。

>リュウソウジャー
 あのマイナソーを使えば、ガチレウスがやろうとしたように大量のマイナソーを発生させることもできたでしょうに、それをやらなかったのはワイズルーの美学なのか、単にアホだったからなのか・・・。
 これまで2度もトワと対面してるのに初対面扱いとは、ガイソーグは扱いがいいんだか悪いんだか・・・。

>ジオウ
 一口にライダーと言ってもいろんな奴がいますからね。スウォルツはそのへんを理解したうえで呼び出すダークライダーを人選してるんでしょうか。
 「たまたま風が吹いただけだ」というのは、克己らしい物言いでしたね。まぁ、風都においては風に嫌われたものは負けるのですが。
 白ウォズがきっかけで誕生したトリニティウォッチが勝利のカギになるとは、粋な展開でしたね。
 オーズの物語の登場人物であるミハルをジオウの物語の中で殺すというのは、さすがに私の中ではルール違反ですね・・・。

・ジャイアンロボさん
>シン・ウルトラマン
 知ってはいるけど興味としてはそれほど、というゴジラですらアレでしたからね。学生時代に好きが高じて自主製作映画まで撮ってしまったウルトラマンを、本家からのお墨付きで作れるとなったら、あの人が何をしでかすやら・・・。

>タイガ
 セグメゲルとセゲル星人の関係は、アニゴジのギドラとエクシフを思い出しましたね。
 まぁ、ここまでタイガたちが戦ってきた怪獣がギャラクトロンMK2やディアボリックのような劇場版に登場するレベルの怪獣であることを考えると、セグメゲルもそれと同格レベルなんでしょう。序盤からこんな強敵相手になんとか勝てているのは、むしろよくやっているのでは・・・。

・YMさん
>劇場版リュウソウジャー&ジオウ
 まぁ、コウがいない場合誰が仕切ることになるかっていったら、消去法で考えてもメルトってことになりますよね・・・。
 なんとなく、クウガから龍騎あたりまでの、従来のファンからギャーギャー言われながらライダーを作っていたころを思い出しましたね。いつのまにか毎年どんなライダーが来てもすんなり受け入れられるようになりましたけど、そんな自分に「これが当たり前だと思うなよ。これは本来とんでもないことなんだぞ」と映像でもって殴ってくるような作品でした。

>ジオウ
 「救世主をサポートする」という彼の本来の役割を考えれば当然の行動でしたね。「お前の意見は求めん」ということは、相手に同じ言葉を言われても文句は言えないということですね。
 ミハルはもちろん、ウールもオーラもあっさり死にすぎですね。ここまで見てきましたけど、スウォルツにとってオーラやウールは本当に必要だったんでしょうか。

>リュウソウジャー
 アスナは登場するときの半分ぐらいは何か食べてるか食べ物の入った袋を持っている気がしますね(笑)。
 絵に描いた自分相手にあの調子だと、ワイズルーは鏡の前で軽く一時間ぐらいは自分の姿に見惚れてそうですね。クレオンの苦労が思いやられる・・・。

http://http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

今週の特撮感想

 投稿者:YM  投稿日:2019年 8月10日(土)20時20分21秒
編集済
   劇場版ジオウ リュウソウジャー』観てまいりました。今年は実験作の年だったのかなと言う感もありましたが、個人的にはどちらも楽しめました。
 『リュウソウジャー』はヒーローのオリジンにも絡むお話を敢えて劇場版でやったのが意欲的だと思いました。
 キシリュウジンにコウが乗り込まないのはびっくりしましたが、サブリーダーやってるメルトが観れたのが新鮮。メルトがサブリーダーだったのかと驚いた部分もありますがそれはさておき。
 ロボ戦と等身大戦が同時並行になるのも本作らしいです。
 時空を歪ませる隕石にも驚きましたが、こういう豪快さが実に『リュウソウジャー』らしくもあり、逆に心地よかったです。
 『ジオウ』はとにかくメタフィクション!それも『平成ジェネレーションズFOREVER』では物語と言う枠内に一応収まっていたのに対し、今回は物語と言う枠そのものにライダーキックする勢い。同時に、きちんとエンターテイメントとしてはちゃんと面白く仕上がっているのが凄い。と言うか恐ろしい。
 シリーズで統一された世界設定や作風を好むライダーファン(批評家)の似姿のようなバールクスに対して、「世界設定、伏線回収そんなもん知るか!」とばかりに叩きこまれた主張(と必殺技)に、自分も改めて「平成ライダーってこんなだったなぁ」と再確認したり。
(バールクスのパワーアップがいかにも『ファンの考えそうな最強ライダー』なのが分かっていると言うべきか(苦笑)
 意外なライダーたちが活躍するシーンでは「あのライダーは出ないの?」と思うこともありましたが、逆にいえばどんなライダー(それこそ小説版限定キャラとか)が出てもおかしくないような勢いのあった凄まじいシーンでしたね。

・仮面ライダージオウ
 白ウォズがゲイツ救出に協力する意外な、しかし納得な展開。この辺、やはりスウォルツは相手の感情なんて一顧だにせず扱っているのだなと感じました。
 克己は自分を殺してくれそうな相手(ライダー)に絡んでいたようなテンションだったのでしょうか。やはり切ない。それでもかなりの強さを発揮していた辺りがさすが死神。
 次々と死んでいくオーラ、そしてミハル。スウォルツ氏がサクサクと手を下していることを差し引いても、ちょっと呆気なさすぎると言うかバーゲンセール感が否めなかったり。
 トリニティウォッチは思いの力……と言う少年漫画的な展開をやった後に、ソウゴへ与えられる最悪の3択。この流れを考えた人はとんでもないドSなんじゃないでしょうか(苦笑)
 次回、ディケイドジオウ登場、そして士死す!?ミハルと違って、彼がここで死んでしまっても「アリ」だと思えるあたり、『アウェイがホームグラウンド』とも言うべき『ディケイド』の特殊性が光っているようにも感じられます。

・リュウソウジャー
 トワの孤軍奮闘編。バンバとのコンビが板についていたからこそ、自分の力で事態を打開しようとするトワの姿が熱かったです。
 アスナ、捕まる時のセリフが「タコパ!」って。
 巨大ワイズルー(絵)、我の強い同一人物同士って仲が悪いのがお約束だと思っていたのですが、今回はナルシストだから成立してしまったという。
 トワの前に姿を現したガイソーグ。まぁ、『最強バトル』の時は文字通り一蹴していたのでトワがあの時のことを忘れていても不思議では無い気もします(笑)
 

それじゃとりあえず同盟を結ぼうか

 投稿者:ジャイアンロボ  投稿日:2019年 8月 9日(金)07時58分49秒
  庵野秀明氏がシン・ウルトラマンを制作するそうで……シン・ゴジラの出来を見ると、今回はどんなやり口でウルトラマンを魅せてくれるのかと期待しかありません

>ウルトラマンタイガ
明るい内容になるかと思ったら今回もヘビーな内容でしたね……コーヒーに落下するタイガが唯一の癒しでした
セグメゲル、新怪獣ということもあり中々の強敵でしたね……神輿としてセゲル星人に担ぎ上げられてるだけなのか、セゲル星人を隷属させている高度な知能を持った怪獣なのか、バックボーンが気になります
特撮も気合入っていて見ごたえがありましたが、まだ未熟とはいえ、葵の犠牲無しでは勝てなかったほどの大苦戦を強いられるトライスクワッドのこの先が思いやられます……
 

タイタスの親はヘラーかロイガーなんだろうか

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2019年 8月 5日(月)21時56分44秒
  >ウルトラマンタイガ
おお、ストリウムブラスターで怪獣を一応は倒せましたか。
基地で姿を見せている時の3人は立体映像かと思ったら、コーヒーカップに落ちて溺れるという事は、一応実体はあるんですね。
トライスクワッドのダメージは個人毎でも、ヒロユキは全てのダメージを受けるというのは辛いものがありますね。
今回は召喚師が死亡しただけですし、セゲル星人は今後も登場するんでしょうか。怪獣リングが出現したという事はトレギアが絡んでいそうですし、セグメゲル信仰自体がトレギアの仕業とか?

>リュウソウジャー
檻を発生させるだけでなく、そのまま縮小して転送までされるところを見ると、グリモワールマイナソーには描いた人の願いを反映する力もあるようですね。そう考えると、鍵を1つしか描いていないのに人数分出現したのも納得できます。
トワがガイソーグを知らないところを見ると、劇場版や最強バトルはパラレル扱いのようですね。
リュウソウルを応用したコンビ戦法が楽しいです。
ここで巨大ワイズルーが倒される話をやったところを見ると、本物のワイズルーは等身大のまま最期を迎える可能性が高いか?

>ジオウ
自分の部下でも仲間でもない過去の悪を次々と復活させまたら、飼い犬に手を噛まれる結果になるというのは、バロンを復活させたら速攻で反逆されたメガへクスの例がありますね。
「お前の罪を教えろ」と言われて「教えてやる」と返すとは思いませんでした。あれが答えと言えるのかは疑問ですけど。
ジオウトリニティの合体能力を利用した戦法が見事でした。そういえばあのウォッチは白ウォズがきっかけで生まれたものでしたね。
オーラばかりかミハルまで死亡するとは。オーラは自業自得とはいえ、必殺キックを生身で頭に食らわせるとはえげつないですね。
次回、アナザージオウ再登場に加えて魔進チェイサーも登場!? しかもディケイドがジオウに!?
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2019年 8月 4日(日)23時52分38秒
  ・伝説の勇者さん
>劇場版リュウソウジャー・ジオウ
 6500万年前にステゴサウルスとブラキオサウルスって・・・大人はおろか恐竜好きの子供ですらおかしいと思うでしょこんなの。恐竜戦隊なのに恐竜に対するこだわりが感じられませんでした。
 ツッコミどころだらけなのはいつも通りとして、ストーリーの盛り上がりに欠けるのはいかんともしがたいですね。第一、登場して間もない新戦士が劇場版で見せ場がないなんて前代未聞ですよ。
 ジオウの方はジオウの映画というよりは、平成ライダーの本質とはこれだということをただ叫ぶ映画でしたね。まことに今でしか、平成ライダーでしか作りえない史上まれに見る奇異な作品だったと思います。ノリダーまで出されたらもう、あらゆる考察がバカバカしくなってきますね。それでも木梨猛に「仮面ライダーに選ばれなかった」と言わせるあたり、やっぱりソフト化を許すつもりはなさそうですね・・・。

>タイガ
 怪獣はともかくそれ以外でも毎週のように死者が出るって、他にはネクサスかセブンXぐらいしか思いつかないですね。
 さすがに抗争が巨大化まで発展すると大事になっていろいろとやりにくくなりそうなので、宇宙人同士の間で巨大化禁止の協定でも結ばれているのか、あるいは巨大化を防ぐ措置でもとられているのか。
 ああ、そういえば圧縮技術はファントン星人の十八番でしたね。今までのシリーズのおかげでファントン星人は善人というイメージがありますけど、タイガの世界ではそうとも限らないのか。
 なんの説明もありませんでしたけど、どうすればフーマはあんな芸当ができるんですかね。

>リュウソウジャー
 金八先生ぐらいには人間社会になじみまくってましたね。ティラミーゴもカナロも無断で入れる学校って大丈夫なのか・・・と思ってるそばからワイズルーとクレオンが入ってて笑いました。さすがにカナロは前回の失敗から学んだようですけど、指輪をしてないというだけでは、子持ちのシングルマザーに声をかけてしまう可能性もありますけど、それは大丈夫なんですかね。
 上司が巻きこまれてしまったら、とりあえず作戦を中断しててでも救出するのが普通だと思うんですけど、クレオンにはどうでもよかったのか、それともクレオンにもどうすることもできなかったのか。

>ジオウ
 アナザードライブの正体はウールに化けたロイミュードかなとは思っていましたけど、まさかパラドクスロイミュードだとは思いませんでした。
 ライドウォッチを渡しても力も記憶も失わなかったのにアナザーライドウォッチを作られると力を奪われるって、ディケイドの力はどうなってるんでしょうね。しかもそれすらあくまでディケイドの力であって、オーロラの発生とかは士の力として普通に使えるし。
 一般相対性理論では重力は空間をゆがませて時間の流れを変化させると言われているようですが・・・。
 エターナルが使うT2メモリの中にはオーシャンメモリも含まれているので、あれはそれを使ったんでしょうか。

・ジャイアンロボさん
>タイガ
 妙なものを欲しがる宇宙人というのはジャンルを問わずよく出てきますよね。当のウルトラシリーズでも、過去にはパンダを連れ去ろうとした奴がいましたし。
 ヒロユキのことを「にいちゃん」、タイタスのことを「ダンナ」呼びって、ゼロ以上に気のいい兄ちゃんですね。O-50出身のウルトラマンってシリアスな奴ばかりだと思っていたんですけど。
 これからヒロユキは変身するたびにあのてんこ盛り状態なんですかね・・・。
 かっこよく空に去ろうとするウルトラマンにあんな暴挙を働くとは、変身中や名乗り中の攻撃以上に万死に値しますね。

・YMさん
>タイガ
 まぁ、ヤクザもののVシネみたいな状況で収まってるうちはまだいいですね。下手をすれば地球が星間戦争に巻き込まれるおそれだってありますし・・・。
 まぁさすがにあんな心の古傷には、ヒロユキでなくても誰の言葉だって癒しにはならないでしょう。

>ジオウ
 克己のやっていたことは、本人承知の上でのやけくそ同然でしたからね。
 アナザードライブは「意見は求めん」で従わせたとしても、克己がおとなしく従っているのはやっぱり違和感がありますね。スウォルツなんて克己にとってはドクタープロスペクトと同じようにいけ好かない野郎でしょうに。

>リュウソウジャー
 学校に勝手に入っても怒られないって、とんでもない溶け込みようですよね。
 まぁ、タンクジョウのあとに続く上司があいつ以上に難儀な奴ばかりなので、相対的にクレオンの中ではいい上司という評価になってるのでしょうね。

http://http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

今週の特撮感想

 投稿者:YM  投稿日:2019年 8月 4日(日)21時03分56秒
  ・ウルトラマンタイガ
 市井に住む宇宙人たちの物語をギャング・不良モノのテイストで描いたといった感じでした。
 この地球、日本に住んでる外国人並に多くの宇宙人が住んでいそうですね。
 いるだろうと思っていたE.G.I.Sの宇宙人メンバーがホマレ先輩だったとは。とはいえ、E.G.I.Sの性質上、宇宙人メンバーが他に何人いても不思議では無いですね。
 ヒロユキは、性格的には十分にヒーローながら、ホマレ先輩の心に届かないあたりがもどかしい青さを感じます。

・仮面ライダージオウ
 アナザーワールド=ダークライダーが勝利した世界。とはいえ、エターナルたちライダー達の中には、勝利と救いがイコールでない者も多いわけで。彼らが勝利した”その先”が無いのは安心していいのか何なのか。
 アナザードライブは、ダークドライブを呼び出してから「意見は求めん」したのでしょう。製作スタッフの中にはどうすればオタクが喜ぶ&納得するのが分かりすぎている方がいらっしゃるんじゃないでしょうか。

・リュウソウジャー
 夏本番ということで、夏休み的な小休止エピソード。
 ティラミーゴが町に受け入れられている様子は、ロボコンとかドラえもんとかその系譜を思い出したり。
 タンクジョウ、死んでからの方がむしろクレオンに慕われているような(苦笑)
 お話的に、ブルーは巨大戦にもなにか絡んで欲しかった気もしますね。
 

お茶漬けが食べたくなる……

 投稿者:ジャイアンロボ  投稿日:2019年 7月30日(火)22時08分26秒
  >ウルトラマンタイガ
地球に潜む宇宙人たちのきな臭い事情が描かれたエピソードですが、ファントン星人がジュース瓶の蓋を目を輝かせて欲しがるのは、ドラえもんに出てきたハルバルを思い出しました。
トライスクワッド最後の一人、フーマは気のいい兄ちゃんといったキャラクターですね。
一人の人間に複数のヒーローが宿ってわちゃわちゃしてる様子は月並みですが電王を思い出しますね(モモタロス達はヒーローじゃなくて怪人ですが……)。
しかし新ヒーローのお披露目なのに、相変わらずトレギアは余韻をぶち壊してくれますね……
ラーメンを豪快に鍋ごと食らうコミカルな姿からは想像もできない、ホマレのヘビーな過去が明かされましたが、ヒロユキの励ましもぴしゃりと跳ね除けるのが切なかったです。
序盤から重苦しいエピソードが続いていましたが、来週は息抜きとなってくれるのでしょうか……
 

レンタル掲示板
/171