teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


大鯰は出なかったか…

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2018年 6月20日(水)21時34分54秒
  地震や津波を起こす敵は、現在では使いにくいんでしょうか。

>ルパレンVSパトレン
透真が調査にやけに積極的だったのは、マンタに体を乗っ取られて勝手な事をされた経験があったからでしょうか。
パトレンからもらった饅頭をそのまま同じパトレンの咲也にあげるのは失礼になるのでは…4人で一緒に食べるならまだしも。
かまいたちを利用したと思ったら透明化の間違いだった、と思ったら、まさか両方だったとは。
ここで本編にも出るのかと言った矢先にパトカイザーストロングバイカーが出るとは思いませんでした。

>ビルド
敵の武器を握りつぶすというのは、ありそうで意外と見かけない演出ですね。
それまでは真面目なつもりがギャグになっていた幻徳、今度はファッションセンスがギャグになるようになりましたか。
実験台にされた女性、葛城の母かと思ったら多治見元首相だったんですね。
ドラゴンスクラッシュゼリーってドラゴンマグマフルボトルに変化したはずでは…新しく作ったんでしょうか。
 
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2018年 6月17日(日)22時05分41秒
  ・伝説の勇者さん
>ルパパト
 異世界にまで盗みに入ったり、グッドストライカーを作ったり、この世界のルパンはすごすぎですね。大快盗アルセーヌ・ルパンともあろうものが、自分のお宝を盗まれたというのは絵にはならないので、一度盗んだものを奪い返されたという方が面子は保てますね。
 あくまでダイヤルファイターモードのグッディに合体すればルパンカイザー、トリガーマシンモードのグッディに合体すればパトカイザーという定義なんでしょうね。

>ビルド
 実際のところ、エボルトは少年漫画のような展開でもない限り到底倒せそうもない敵ですからね。
 科学だけでなく仲間も信じられることが、戦兎の葛城にはないところですからね。しかし元はといえば同じ人間なのに、ここまで性格に差がつくとは・・・。
 

「このあとすぐ」に出てるパトカイザーストロングバイカーは本編にも出るんだろうか

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2018年 6月13日(水)21時59分18秒
  >ルパレンVSパトレン
戦隊シリーズ屈指の情けない最期を遂げた怪人とされるアニダラに、こんな見せ場が与えられるとは。
ルパンコレクションはギャングラーに「奪われた」ものではなくて「奪い返された」ものだったんですね。異次元の品だったのなら、ルパンの時代にそぐわない近代的な(今回の奴もそうですね)コレクションがあるのも納得です。
複合合体ロボはガオキング等のように、頭や胴体を基準に名前が決められる印象がありますが、あの複合カイザーは変則「パトカイザー」って扱いなんですね。胴体が両ロボ共通で、頭は最後に合体するという形式ならではですね。

>ビルド
内海の狂気の笑いは、自分の迷いを誤魔化すためのものなんでしょうか。
戦兎のアホ毛に龍我の猿ネタと、久々のものが出てきましたね。
「少年漫画じゃあるまいし」なんて言っていた矢先に、龍我達が同時ノックダウンしたり、仲間達の姿を見て戦兎の記憶が戻ったりと、少年漫画のような展開が起こるという流れが良かったですね。
科学しか信じられない葛城が、仲間を信じられる戦兎に後を託す形での戦兎復活は最高でした。
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2018年 6月11日(月)01時53分42秒
  ・伝説の勇者さん
>6期鬼太郎
 たんたん坊と妖怪城も3話目で出しましたし、飛ばしてますよね。鬼太郎の敵はぬらりひょん率いる悪玉妖怪軍団、ベアード率いる西洋妖怪軍団、チー率いる中国妖怪軍団、南方妖怪など強敵には事欠きませんが。ただ、鬼太郎の場合一度やられてから復活して倒すのが定番の勝利パターンなので、一度や二度鬼太郎を倒したぐらいでは強敵とは言えないのかもしれません。

>ルパパト
 初美花が夢の世界でもなんともなかった理由はちゃんと説明してほしかったですね。初美花がいら立つ理由もわかりますけど、圭一郎がああいう男であることを理解しているからこそ、未那は圭一郎に惚れたんでしょうね。

>ビルド
 内海に与えたのは、本当にエボルドライバーなんでしょうかね。あいつのことですから、実は外見を変えたビルドドライバーの複製品で、勘違いして喜んでる内海を見て笑ってるとかありそうです。どんどん強くなるのはクロノスも同じですが、あいつの強さはあくまで仮面ライダークロニクルというゲームに基づくものだったのに対し、エボルトはそういう枠組みは一切関係なしに強くなるので余計に厄介です。
 

次回の鬼太郎は八百八狸編をやるのか

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2018年 6月 6日(水)21時24分50秒
  第5期では八百八狸編は無かったそうですが、あの鬼太郎屈指の強敵を11話目で出すとは、やけに早いですね。
蛟竜に踏み潰されて胃液で溶かすという戦法は、今のテレビでも放送可能なんでしょうか。

>ルパレンVSパトレン
今回のコレクションはマスキーブレードのようですが、剣+肉体+伸縮(オーラパワーのロープ?)はさすがに無理を感じます。
初美花だけ夢世界でも理性を保っていられた理由を説明して欲しかったですね。親友を取り戻すために現実世界で頑張る気持ちが強かったからか、予め敵の能力を知っていたからか。
あの写真集ってまさか、工藤遥写真集を表紙だけ変えた奴?
不器用な圭一郎とそれに苛立つ初美花、どちらの気持ちも分かりますね。

>ビルド
ボトルを金色にして、これでさらに進化できるって、エボルトはまだパワーアップできるという事でしょうか。エボルドライバーも量産できるようですし、どこまででも強くなれる奴を敵に回すのはつくづく厄介です。
戦兎の記憶が消えた事で、戦闘経験も消えて強化形態を扱いきれなくなるとは、思わぬ弱点が生まれたものです。
小型ブラックホールによる攻撃は、主に敵を吸い込むタイプと重力攻撃タイプが見られますが、エボルトのは後者に近いでしょうか。そういえばトランスフォーマーでは、メガトロンの融合カノン砲はブラックホールを作って反物質を引き出して恐ろしい破壊力を生み出すという設定がありましたっけ。
内海は本気で忠誠を誓ったのか、それとも…
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2018年 6月 4日(月)02時40分55秒
  ・伝説の勇者さん
>アニゴジ
 グリホンや大コンドルのようなマイナー怪獣まで出てきているというのに、それらより確実に知名度が上であろうフランケンシュタインやサンダやガイラが名前すら出てきていないのは、明らかに不自然なんですよね。とはいえ、三作目でわざわざ出す余裕もないでしょうし。三作目の公開前にも小説が出るとしたら、可能性としてはそこぐらいしかありませんね。マタンゴは全ての生態系がゴジラ化したあの世界でも、どっかの島に生き残っていそうで怖い・・・。

>ルパパト
 単なる金庫であるだけでなく自爆装置、さらにはコアである可能性すらあるとは、あの金庫、思った以上にギャングラーにとって本質的な器官だったんですね。
 なんだかこれまで見てきた限りだと、ギャングラーはなんだか行き当たりばったりな奴が多い感じがしますね。同じ犯罪者でもまだアリエナイザーの方が計画性があったような・・・。

>ビルド
 本当だったらギャグなんか入れてる場合じゃないのに、「親父のコネだ」なんてギャグをぶっこんでくるんですからね。当人にとってはギャグでもなんでもないんですけど。
 龍我のいいところは、単なるスペックだけでなく精神面での成長も如実に見られるところですね。
 奪うことに縁があるというよりは、自分ではそう仕向けるだけで計画自体は全て他人を働かせて進めてきたことも含めて、「自分では何も生みださない」ことがエボルトの本質のような気がしますね。エボルトに対抗するためのシステムに「作る、創造する」という意味の「ビルド」という名を葛城がつけたのは、そのあたりもふまえていたのでしょうか。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

GODZILLA3部作のアニメにも小説にも出ていない東宝怪獣は…

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2018年 5月30日(水)21時35分58秒
  キングコング、スペースゴジラ、フランケンシュタイン、サンダ&ガイラくらいでしょうか。
キングコングは仕方ないとして(でも小説にガメラっぽいカメーバが出てたという話も…)、フランケンとその兄弟は小説で普通に出せそうな気がします。
マタンゴや変身人間シリーズ、ヤマトタケルの面々はさすがに出ないか?

>ルパレンVSパトレン
ギャングラーの金庫が手に入るとは、思わぬ収穫があったものですね。
今回のコレクションはバルカンボールのようですね。しかし3週続けて、コレクションの扱いがおざなりな気がします。
透真と入れ替わったマンタ、あのまま女遊びしていたら、ドグラニオ達が黙っていなかったのでは…強盗でもするかと言っていましたが、特に騒がれていなかったところを見ると、まだ実行はしていなかったようですね。
つかさの時のように胸に入れた仮面でも撃つのかと思ったら、手で受け止めるとは無茶な事をするものです。これってシティーハンターにもあったらしいですね。

>ビルド
今回は「いきなりベルナージュ!?」「親父のコネだ!」に尽きるような。
かつての敵である幻徳に頭を下げる龍我の姿に成長を感じますね。
久々にブロス兄弟が出て、予想通り噛ませになったと思ったら、次回はライダー達と共闘するようですね。やっぱり難波も切り捨てられる時が来たようで。
マスターは戻ったら意識を失い、龍我は戻ったらエボルトの細胞を失い、戦兎は戻ったら戦兎としての記憶を失うとは。エボルトはもう他人の体を乗っ取る必要が無くなったようですが、それに至るためにライダーの必殺技のエネルギーを奪っていますし、つくづく奪う事に縁のある奴です。
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2018年 5月28日(月)00時26分22秒
  ・伝説の勇者さん
>決戦機動増殖都市
 「ゴジラを模した機械」という暗黙の前提とも言える姿すらかなぐり捨て、ひたすらに「ゴジラを殺す機械」という本質に特化した、とんでもない解釈のメカゴジラでしたね。目的のためなら手段を選ばないどころか、「結果のためなら目的などどうでもいい」という感じのビルサルドの論理が生み出した最終兵器ならああもなるでしょう。ただ、ビルサルドがああも極端な論理で動く種族なら、あいつらは地球にやってくる前に全身サイボーグ化したり、個体としての概念を捨てて種族としての思考を統一化したりしてそうなものですが。
 あの鱗粉、小説では「ゴジラVSモスラ」の時のようにゴジラの熱線を拡散したりもしていましたけど、ナノメタルに対しても防御効果があるとなると、いつも以上に優れもののようですね。
 フツアの神はともかく、あいつに関しては今回名前が明かされただけで近づいてくる兆候とか全く見られませんでしたけど、どういう経緯で地球にやってくるんでしょうかね。誰かに操られてやってくるというのがいつものパターンですが。ただでさえ今までゴジラに一勝もしたことがないのですから、とんでもないパワーアップを遂げた今回のゴジラに勝つには、あいつもよほどのパワーアップを遂げていないと勝ち目はありませんね。

>ルパパト
 相変わらずコレクションのモデルは予想外のところから拾ってきますね。射程距離を10倍に伸ばすというスナイパー垂涎のアイテムでしたが、相手に見える位置から射撃するような奴に使われたのでは、まさに宝の持ち腐れでした。
 「いつの間に引き金付きに」は、なかなか気になる発言でしたね。デストラがにらんでいる通り、やはりトリガーマシンは他のコレクションとは違うのでしょうか。

>ビルド
 ますますエボルトの正体がわからなくなりましたね。ビートスターやギルバリスとどちらが始末が悪いんでしょうか。
 ガイアメモリと違ってテラーやタブーのような「概念」を元にしたフルボトルがないのは、フルボトルの元になるのが地球の記憶ではなくエレメントだからなのでしょうか。その割には掃除機だの消しゴムだの、妙なもののエレメントをもとにしたものが混じっていますが。
 そういえば前に店にガサ入れしたときも、あの冷蔵庫は普通の冷蔵庫にすり替えられていて出入口になっていることには気づいていませんでしたね。
 本来の肉体はベルナージュとの戦いの時に失われたんでしょうか。あれだけの力を持ってるなら、自分の新しいボディを生成するぐらいできそうなものですけれど。
 

ゴジラ 決戦機動増殖都市を見ました

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2018年 5月22日(火)22時23分2秒
  前回が人間のエゴとゴジラの対決とするなら、今回はビルサルドのエゴとゴジラの対決でしたね。
今回は入場者プレゼントとしてメカゴジラの人形でも貰えるのかと思ったら、ありませんでしたね。本編を見てその理由を思い知らされましたが…
ゴジラがアニメならではのとんでもない進化を遂げたと思ったら、それに対抗するメカゴジラもまた、とんでもない進化を遂げたものです。あの超絶ゴジラ相手に同サイズのロボ怪獣を出したところで、防ぎきれない放射火炎の的を大きくするだけでしょうから、対ゴジラに特化した進化の結果が要塞都市というのは納得です。でも視聴中は、あの都市自体が最終的に融合して超巨大メカゴジラになるのではないかと期待していたりして。
ヴァルチャーがメカゴジラシティにいる間はエネルギー無限という設定には、スペースゴジラの設定も混ざっているんでしょうか。
ユウコってスーツ脱ぐとあんなに巨乳だったんですね…作戦前に気持ちを伝えてキスとか、見事なまでの死亡フラグだと思ったや案の定…
ハルオにナノメタルの侵食が効かなかったのはフツア族の鱗粉が原因のようですが、ガルグがこの事を知らなかったところを見ると、メカゴジラシティ同化志願者には、フツア族の治療を受けた者は一人もいなかったんでしょうか。
次回はついに宇宙からアイツが来るようですが、フツアの神の卵も孵化するんでしょうか。

>ルパレンVSパトレン
今回のコレクションは何かと思ったら、メガスリングだそうですね。
貴重なはずのルパンコレクションをあくまで囮扱いするトゲーノのキャラはなかなか面白いです。
グッティが「いつの間に引き金付きに」って言っていたところを見ると、クレーンは元はトリガーマシンではなかったようですね。
せっかく子供にパトレンを認めてもらえたのに、今度は怪盗ではなく後輩に役目を横取りされるとは、哀れ圭一郎…

>ビルド
エボルトって火星人ではなかったんですね。ただ滅ぼす事だけを目的に作られた人工生命体か何かでしょうか。
ビルドがWに似ているのは当初から言われていた事ですが、フルボトルの成分が星のエレメントから作られるというのも、地球の記憶から作られるガイアメモリに通じるものがありますね。
幻徳が出口の冷蔵庫を見て驚いていましたが、ベルナージュのワープであの部屋に入ったから、冷蔵庫が入口だと分からなかったんですね。
一海のかっこ悪いドルヲタぶりと、かっこ良い頭ぶりを同時に見られましたね。
エボルトは他人の体を乗っ取らないと強くなれないんでしょうか。こう書くとドゴルドやミストバーンのようですが、彼らとは違って全く同情できないところがエボルトらしいです。
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2018年 5月21日(月)01時23分36秒
  ・伝説の勇者さん
>ルパパト
 あの警官役がパトレン1号のスーツアクターさんというのは、圭一郎が幼い頃に憧れたヒーローに自分もなることができたという暗喩でもありそうですね。
 昔ボウケンジャーで菜月がアルティメットダイボウケンで仲間ごと戦闘員を蹴散らしたことがありましたけど、遂にロボに踏みつけられて死ぬ怪人が現れるとは。街にいたら突然ロボ戦が始まり逃げるまもなく・・・とかならまだわかりますけど、あんな辺鄙な山の中であんな死に方をするのはマヌケ以外の何者でもありませんね。
 コレクションの力を有効活用しているとは言い難い怪人もいる中で、今回の怪人は使い方自体は賢い方ではありましたね。問題だったのは、圭一郎の根性が人間離れしていたことで、相手が悪かったとしか・・・。
 勇者シリーズだと必ず重機系のメカが合体するロボが登場しますけど、最初からクレーンとドリルが合体しているメカは珍しいですね。

>ビルド
 ビルドやクローズがどんどんパワーアップしていく中、一人だけ何のパワーアップもなしに戦い続けてるんですから、そろそろ名前ぐらい呼んでやってもよさそうなものですけどね。おそらく名前で呼ばれただけでハザードレベルが跳ね上がるのでは。
 わざわざ一度ハザードになったのがよく意味がわからなかったのですが、瞬間風速的な意味ではハザードの方がラビットラビットやタンクタンクよりも上なのでしょうか。
 どこまで続くんでしょうね、このエボル劇場は。もうネタ切れだろうと思っても毎回毎回新たな事実を開陳して「これも計画のうち」と高笑いするのですからたまったもんじゃありません。
 

レンタル掲示板
/154