teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 知ってほしいアニメがある(1)
  2. 98JP.COM會社 (1)
  3. ヴィトン偽物,ブランド偽物,ヴィトンコピー(0)
  4. ブランド偽物ブランド激安(0)
  5. ブランドセール激安市場スーパーコピーブランド通販(0)
  6. ぽろりっ(0)
  7. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


閉じためもりは深い渕(仕置人#7)

 投稿者:W"MONSTER(開運フォーム)  投稿日:2017年 4月23日(日)20時14分22秒
返信・引用
  ▼キュウレンジャー
 ラッキー愛読の雑誌、宇宙の本が英語で書いてあるのもいつもながらですが…「PRESENTS OF THIS MOON」…「今月の」の訳はそうじゃねーだろ!

 アルゴ船クエスト、出鼻をくじかれるの巻。ラキさんの運勢低下は次回への橋渡しで、メインは新ロボ両手の子熊&蠍ペア。実兄に変節されたスティンガーが、小太郎に良き兄貴分属性を発現。弟キャラだから「良き兄貴」を目指す・演じるって、これまでのドラマが折り重なって味わいを醸し出しつつありますね。クマボイジャーも重なってるし。
 さてラキさんの命運は…あっこれ、不幸のどん底を経験済みだから、あらゆる出来事を好事と位置付けられる思考回路や。生半可なことじゃラキさんのメンタル折れなそう。逆境の最強幸運はイカ予測を越えられるか。

▼エグゼイド
 おまえは誰だ!?俺の中の俺。

 グラファイトの中に飛彩の恋人の記憶が…飛×グラでカップリングする腐女子がにぎわいますなあ。閑話休題、リプログラミングでメモリが復旧したポッピー。宿主はどこかで仮死状態かなーと想像してたら消滅済みでしたか…。ポッピーの性格から宿主をストレスで追い込みはしないでしょうし、自らのストレスで症状が悪化したってとこでしょうか。そのことを気に病むポッピーは、出産で母親を死なせた責任を感じる子どものようでもあり。
 そんなポッピーに身一つさらして彼女の敵意不在を証明して見せた永夢。汝に罪なし。そんな永夢にパラドがIN!?ということはパラドの発生源は…いや、それだと宿主が生きていて、現在のパラドは完全体じゃないということにも…次回に刮目です。
 
 

特撮感想

 投稿者:日高辰也  投稿日:2017年 4月23日(日)18時41分3秒
返信・引用
  四月四週目のSHT

◎球体戦隊
OPナレーションは「9人の救世主」のままなのね。まあ、途中でちゃんと変更した「ディケイド」が例外なんだろうけど。
ラッキーがアンラッキーに!?と、スティンガー&小太郎をメインにした前後編の前半ってことになるのかな。
ラッキーの動揺ぶりは傍で見てても異常なので過去になにかあったのは確かでしょうが、果たしてどうなりますか。
スティンガーと小太郎は兄弟と言う似た者同士と言う事での説得、ちょっとあっさりかなと思わなくもないですがこんなものでしょうか。
復活のマーダッコ、復活のたびに性格が変わるってまたレアな設定を。オリジナルの性格がどんなだったか気になる所。
ジャークマターとは関係ないデスワームがってのは捻ってていいですね。何気に町の住民が食い尽くされてるぽいのも、この時間帯としてはなかなかエグいし。
何故地球に居るのか?ってのは語られませんでしたが、いずれまた戦うことになるのか?
赤抜きの名乗りポーズ、新鮮ですな。コグマボイジャーは「タイムボカン」のメカぽいデザイン。
リュウテイオー登場も束の間、次回早くも全合体。ペース早いなあ。

◎電脳医師
今回の患者のサバゲーの人、「シンゴジ」の厄介者の人だったのね。
大我の診療所が随分ファンシーな有様に(笑)。まあ、ニコの部屋って解釈も出来るけど、それはそれで大我のキャラが崩壊しかねないけど。
ポッピーを取り戻そうとする永夢と、倒そうとする三人の対立。一応のヒロインに対して、あそこまで敵意剥き出しで迫る図はちょっと衝撃的だったし。
特に飛彩の「人を一人犠牲にして生まれてる」は、否定しようのない正論だけにそれに対してどう返すのかを期待しましたが、リプログラミングで書き換えってのはちょっと残念だった気もします。
地味にグラファイトに飛彩の恋人の記憶があるのも衝撃ですが、ラストパラドが永夢を・・・も驚きの展開。次回、パラドも新たなレベルアップ?

個人的に今週は同じニチアサの「ヘボット」で、ダンガイオーネタを不意打ちで噛まされたインパクトの方が強かった(笑)。子供達は愚か両親世代ですら絶対分からんぞ。まあ「ヘボット」自体が濃いおっさん世代ネタを平気で入れてくる作品ではありますが。
 

キミの本心

 投稿者:RICK  投稿日:2017年 4月23日(日)17時17分24秒
返信・引用
   こんばんは。キョウリュウジャーブレイブ、放送時間が日本版より短いためかサクサク進みますね。話自体も主要メンバーが出揃い、
いよいよ本格始動しそうな様子。ジュヨン(レッド)に生き別れの兄がいるということが、鍵となってくるでしょうか。

○宇宙戦隊キュウレンジャー
 驚異的な再生能力を持つ敵は数多かれど、マーダッコの場合はその度に性格まで変わるというのは独特ですね。つまり「このタコ!」
自体も、元々の性格とは限らないワケですか。でも同時に、元々の性格に戻る場合もあるのだろうかとも、ふと思ったりも。
 スティンガーとチャンプ、普通に同じチームになっちゃってましたね。その時が来るまで一緒にキューレットが当たる日は来ないのでは
と思ってましたが、それとアントン博士の一件を追及するタイミングは別ってことでしょうか。あくまでも私情より任務の方が優先される
のは分かりますけど、少しモヤっともします。
 コグマボイジャーは一輪バイクや回転ノコギリよりも、裁縫道具のルレットみたいでした。また今回、本当に全88種類を出すんじゃない
かという勢いで色んなキュータマが登場。コップ座や炉座なんて初めて聞きましたが、理屈上では時間制限有りでもスキルキュータマで
変身できることを考えると、どんなデザインやカラーの戦士になるのか、そこもまたちょっと想像力を刺激しますね。
 ラッキーの不運回はいつか来るとは思ってましたが、思っていたよりも早かったですし、思っていたよりもシリアスな雰囲気ですね。
なぜ彼が自分の運に深くこだわるようになったのかはずっと気になってましたので、過去が描かれたということは、それもついに明らかに
なるでしょうか。

*仮面ライダーエグゼイド
 あんなファンシーな闇病院があってたまるか(笑) 大我も大我ですっかり馴染んじゃってるし……。相当な荷物の量でしたが、ニコが
それらを運び込んでゆく過程は想像できるようなできないような。まさに、なんということでしょう。とでも言っておきますか。
 ポッピーは人間を犠牲にしたものの、そのことに関しては不本意だったとか? 当時の人間側にゲーム病の治療法が未確立だったために
手の施しようが無く、結果的に不可抗力で……、みたいな。勿論だからといって簡単に済む話では無いですし、あくまでも自分の想像の
域を出ない話ですけどね。ポッピーがCRで働くようになった具体的な経緯が分かれば、答えが見えてきそうではありますが。
 パラドが永夢から生まれたバグスター? ポッピーの洗脳解除だけでも内容としては充分だったのに、息をつく間もなく物語の根幹に
関わる展開を入れ込んできますね。ポッピーが帰ってきて安堵していた直後だったので、ラストの流れは本当に衝撃的でした。
 

ポはポイズンのポ

 投稿者:あず  投稿日:2017年 4月23日(日)16時51分28秒
返信・引用
  ○キュウレンジャー
「我、かような力を得たり。我を見よ、我を見よ。素人じゃ、突出する初陣首じゃ」
力に溺れるというか、力の毒といいますか。ポイズンスターで妙に納得した。
力を得て、調子に乗り気味の小太郎。釘を刺すスティンガー。兄貴と自分の関係を重ねて諭して・・・すっかり兄弟分だなあ。
クマボイジャー・・・バギータイプで大熊? 小熊?と思ったら二層構造か。バットマン映画でああいうのあったな。
リュウテイオーは長物系の定番変形合体パターンですな。水流→エネルギー攻撃・・・アルンヘムのは・・・いや、なんでもない。水に弱いモンスターって結構多いな。

イカーゲン強し。『幸運不運で揺らがぬ実力』・・・これだとヒーロー側だが。
武術モノだと『相手の動きの先読みに長ける』なんてのもあるけど。

 

花のクリア者地獄の手形(仕掛人#17)

 投稿者:W"MONSTER(大・小)  投稿日:2017年 4月16日(日)22時00分21秒
返信・引用
  ▼キュウレンジャー
 どうして悪代官は口が軽いのか。

 ショウさんの新戦士強かったね~。さぞや先代ビッグベア総司令も草葉の陰で安心…してな~い!所持済みのキュータマから出てきたのに、先週の経緯知らないのかよ!いや、ベアさん所縁のキュータマだけに大事にしまっていて、今回使うまで眠っていたと解釈すればやむなしか。でも救世主9人(+1)結集っていう成果は評価してくださいよ。
 実績はあるけどちゃらんぽらんなショウさんに対して、熱意はあるけど実績も実力も足りない子どもの小太郎君。代官退治にそんな子どもを連れまわすラキさんにはちょっと配慮不足を感じるものの、ベアさんには未熟時代のショウさんが被って見えたのでしょうか。過去と未来1つになる瞬間~、クマの強さにモズマも泣いた。
 厨房に入る資格は手に入れたが、EDのダンスには不採用。専用ボイジャーもお預け…ああ、新ロボパーツ扱いなので、来週に取っとくのね(それで今回はロボ戦消化→新戦士お披露目までの構成にしたと)。今後を占うアルゴ船3星座とは?

▼エグゼイド
 彼女にフラグを折られたら。

 「人類の弱点は、愛だ」なるキャッチコピーの映画がありました。ゲーム脱落者の再生を餌に、親類縁者も引きずり込めー!被害者が芋づる式に増える恋社長の追加クエスト。甘い罠ではありますが、ゲームのルールが絶対であるバグスターだけに、敗者復活には真実味もあります。
 そんなゲームにニコ参戦。前のスナイプのガシャットの時は変身未遂でしたが、クロニクルのは適合制限ないからね…。リスクの垣根を低い所から飛び越えてきたニコに大我さんも大反発ですが、これで闇医者の本心が完全に露呈する流れ。サブライダーでのポジションは「大切な彼女を失いキャリア一筋」な飛彩と「キャリアを失ったが大切なものができた」大我で対になる存在なんですなあ。
 この痴話ゲンカ展開に、恋社長=恋愛バグスターが立ちはだかる。人間態の見てくれはアレですけど、ヒロインを篭絡する言動はゲームで言う恋敵キャラだからなのね。ジャンルが違うから攻撃無効てどないすんねんと思ったら、件の闇医者アベックで撃退されるイベント戦闘だったかー。ポッピーにも説得フラグが立って次回へ。
 

日高辰也

 投稿者:日高辰也  投稿日:2017年 4月16日(日)18時27分6秒
返信・引用
  四月三週目のSHT

◎球体戦隊
屋台のシーン、ラッキーお金払ってないような気が?
オリオン号のピンチに11人目登場を絡めた回・・・ですが、正直別に組み合わせなくても良かったような印象が。
劇場版のスケジュールの影響のせいか、一方はラッキーと小太郎のみで進行するためお話の広がりがあまり無いように感じられるのが理由でしょうか。
一方のオリオン号も司令のキャラが災いしてかあまりピンチな雰囲気が無かったし。「こうなったらオリオン砲発射だ!」「そんなの有りません!」は笑いましたけど。
ビッグベア総司令の霊に認められて、コグマスカイブルー誕生。身長差がここまではっきり出る子供戦士、キングレンジャー・リキ以来か?中の人は中1って事で、学業とかが心配ではあります。
次の目的はアルゴの捜索という所で、次回コグマボイジャー登場&マーダッコ復活。

◎電脳医師
ラヴリカの右腕が鳥類の脚っぽいのは「君のハートを鷲掴み」って事ですかね。
人間に取って命が最大の報酬だから、それを盾にする限りライダークロニクルの需要は無くならないし、衛生省も迂闊には手出しできない。
バグスター側の戦略はまさに核心を突いてますね。実際今回の女性の様にそれに踊らされる人も出てるわけだし。
ニコがライダークロニクルに参戦、確かに天才ゲーマーとしては食指が動くのかな?彼女の場合、大我の戦いを身近で観ていて彼の力になりたいって想いの方が強そうだけど。アイテムを効果的に使ってバグスターを撃破するのは流石と言うべきか。
天ヶ崎恋ことラヴリカ、恋愛ゲームが元ネタって地味にライダー三人共攻略苦手そうなジャンルだな(笑)。
「全てを失い否定された自分を必要だと言ってくれた。」大我の本音が遂に。
「何度でも治してやる。」ってのは医者にしか言えない殺し文句ですね。
また、かつて素直じゃない故に恋人を喪った飛彩が、ニコと向き合う事を避ける大我に檄を入れるのもいい対比でした。
次回、ポッピーが表返るのか?
 

今日の救連者

 投稿者:M NOM  投稿日:2017年 4月16日(日)17時43分28秒
返信・引用
  ※空色小熊誕生編。橙蠍に辛く当たられるも(遠回しの思い遣り)救連者を諦められない小太郎。赤色獅子・幸運児に帰されるが、変身ツールを盗み出す暴挙を。
 三ツ星勇者号内では銀蛇転倒を契機に、恒星突入の危機勃発。船内では容疑者探しの緩い展開に。

※小太郎が盗み出した救玉に、先代司令官の呪縛霊が。憑依ネタを披露しつつも小太郎を説教。銀蛇転倒は自己責任だったが、
 三ツ星勇者号暴走は、代官怪人の秘儀が原因だった。

※小太郎の覚悟完了と幸運児の建言に、巨熊司令官も助力して新戦士・空色小熊誕生。代官怪人に止めを刺す。
 快速帆船型シップ・アルゴを構成する救玉(與座・帆座・竜骨座の何れか)を地球で発見。
 三ツ星勇者号を包む様なデザインで、鋭角的なシルエットデザインを希望です。三ツ星勇者が喋り出す星座神話ネタ発動か?

二人は虎仮面>
※「不思議軍団」III号まで増殖して、新日本マットを占拠。此の暴挙に、怒りのレインメーカー立つ。
 こけし負傷、現実とリンクする。

※総合格闘技ルールで光虎、王者の虎と対決。慣れない総合ルールの格闘に光虎、額を割る。
 意識朦朧の中、大助の姿を浮かべた光虎、キン肉バスター? で王者の虎を葬る。其の後「不思議軍団」の一員として、新日本マットに現れる。
 怒涛の新展開、第3クールの終着点は何処に有るのか?
 

叶えたい望み

 投稿者:RICK  投稿日:2017年 4月16日(日)17時37分0秒
返信・引用
   こんばんは。レッドマンの後番組として配信されていた「トリプルファイター」が先日完結。序盤こそストーリーはほとんど有って無い
ような感じでしたが、徐々にデーモン軍団との戦いの中での苦悩や葛藤をはじめ、早瀬三兄妹のプライベートやパーソナリティが掘り下げ
られ、だんだんドラマ性も増していったのが印象的でした。

◎ウルトラマンゼロクロニクル
 ようやく「ウルトラファイトオーブ」放送開始。今回の敵であるレイバトス、口振りから察する限りではまさかのレイオニクスですか?
いきなりジュダ・スペクターという大物を呼び出したのも驚きでしたが、大怪獣バトルの要素も組み込まれていたとは。でも考えてみれば
ゼロクロ本編にレイが登場中で、大怪獣バトルもちょうど10周年と、タイミングとしては最適なんですよね。エメリウムスラッガーが登場
するという話でウルトラセブン50周年にスポットが当たるのだろうとは思ってましたが、これは嬉しい意外性でした。
 ライトニングアタッカーはウルトラマンらしからぬゴテゴテ感が何とも。でもどこかスマートさも兼ね備えているバランスが絶妙です。

○宇宙戦隊キュウレンジャー
 ロンポーさん、推理のときはネタがゴチャ混ぜでしたし、挙句の果てに「太陽を吹っ飛ばせ!」って、そんなメチャクチャな……(汗)
そりゃあビッグベア総司令も心配しますわな。そんな総司令もラッキーの一言に説得されましたが、状況的にも仕方の無い部分があった
とはいえ、この点はやや呆気無い感じだったのは残念でしたかね。まあこれについては今後も見守って頂ければとしか。
 コグマスカイブルーはマフラーが武器にもなるのは個性的ですし、大熊座とセットみたいな点も神話をなぞらえていて良かったですね。
子供がそのまま変身(大人が子供に、子供が大人にという例を除く)するのは、それこそキバレンジャーまでさかのぼるんですかね。
今のところレギュラーか準レギュラーかはまだ不明瞭ですが、久々の少年戦士ですし、大いに活躍して欲しいところです。

*仮面ライダーエグゼイド
 人間の一縷の望みやヒーロー願望を刺激するようにゲームへの参加を促すような天ヶ崎の扇動は、実にタチが悪い。クロニクルの中で
死んだ人間が生き返る可能性があるなら、たとえ頭のどこかであり得ないとは思いつつも参加する人は出てくるでしょうし、今回の患者
さんはまさにその一縷の望みにかけた人でしたね。
 そんな天ヶ崎の正体は、やはりと言うべきかバグスター。普通の攻撃が効かない怪人をデザインするのって結構大変そうですけれど、
エグゼイドの場合は「ゲームのルール」という形でスムーズに組み込めるのが巧いところですね。しかもゲームのジャンルをモチーフと
する前提上、安易に全ての怪人には設定できなかったり、逆にルールに則って「言葉」でならばダメージを与えられるというのは、良い
バランスかと。
 初めて大我の行動原理が本人の言葉で語られましたかね。そして改めてコンビという形になった大我とニコですが、今回のあらすじで
ニコが感染すると聞いて、ウィルスはドラゴナイトハンターZで、かつての飛彩と小姫さんのような状況に陥ってしまうのかなと危惧して
いましたが、あまり重くはならなかったですね、今のところは。二人は覚悟しているとはいえ、正直心配が残るところではあります。
 

ブはブレイブのブ

 投稿者:あず  投稿日:2017年 4月16日(日)17時32分13秒
返信・引用
  『シン・ゴジラ』、視聴完了。見終わってみれば、コネも技術も結集したプ○ジェクトX(いささか例えが古い)てな感じでした。
しかし今度のゴジラのメインウェポンは核融合レーザーか・・・時代は変わるなあ。
昔のゴジラを知ってる俺らはともかく、知らない若い人らには本作や少し前のハリウッド版ゴジラが『スタンダード』になるのかと思ったり。
『トクサツガガガ』(スピリッツ連載)でもそんな話がありました。

キョウリュウジャーブレイブ配信開始。
キョウリュウ:日本→ダイノチャージ:北米→ブレイブ:韓国・・・ワールドウィッチもといワールドダイノソアな様相に
次はフランス仕様でキョウリュウジャーノーブルに(おい)
ブラックの声、のっさんかーい!! 標識引っこ抜いて闘うレッド・・・じょこうちゃんでごじゃいますよ(違うっつーか古い)
展開自体はオーソドックスやね(悪の軍団襲来→新キョウリュウジャースカウト)
こちらもやっぱり踊ります(最初は少しぎこちないけど)
白塗りキョウリュウジン・・・これはこれでなかなかかっちょええ

キングタイガーでまず思い出したのは戦車だった。あんこうチーム・・・じゃなくて姉貴のほうかな。
王トラさんは意外と正統派でした(昔の見たかもしれんけど、印象残ってなくて。むしろその前の巨虎&黒虎のタッグ戦のインパクトが強かった)


○キュウレンジャー
「ないごて槍でん棒でん取って帰らん。ないごて故国ば戻って死なん」
まあいくら本人にやる気充分でも子供にそれさせんのは酷なハナシですがね。

いきなりOPで新戦士のネタバラシ・・・・まあそこが今回の肝だしね。
小太郎ちゃんが不良になっちまっただー!(違う) クマ司令の幽霊・・・えらい言われようだなロンポーさん
まあその後の迷推理を見てると納得だが。先週の威厳台無し(笑)

次回、新ロボ登場&タコ姐ちゃん早くも復帰?
 

4月前半の感想

 投稿者:White NOVA  投稿日:2017年 4月12日(水)00時52分43秒
返信・引用
     年度明けで、いろいろ新展開がワクワクモードな時期ですな。

★ゼロクロ

   ダークロプス編が終了して、次回からビートスター編と、連作短編形式のオーブファイト。どちらも楽しみです。

★宇宙戦隊ジュウレンジャー

   まさか、公式自らネタにして、タイトルロゴまで見せるとは。もちろん、即座に却下されて、今後11人目が出て来ても、キュウレンジャーは変わらず、と。

   で、リュウバイオレット改めリュウコマンダー参入。ええと、漢字で書くと「龍子マンダー」ですかな。某ムー帝国の守護神にして、海底軍艦に凍らされた龍を思い出しますが。それに「サラマンダー」的な響きもあって、いろいろ繋がってきそうなナイスなネーミング。
   まあ、リュウバイオレットにしても、紫の龍で「某聖闘士」とか「答えは聞いてない」とか繋がってくるのですが。

   それはともかく、司令官変身エピソードの前編で、せっかく使用した「魚座キュータマ」ですが、効果が「食材の魚を召喚」という何それトホホな気分の魚座NOVAだったり。実質、フードマイスターしか活用できないじゃないですか。
   あ、5月に召喚して鯉のぼりの代わりに使ったり、寿司ネタに使ってシンケンゴールドとコラボしたり、ネタキュータマならそれで、いろいろ活用してもらいたいものです。

   そして、龍星王もとい、リュウテイオーのボディーとなるリュウボイジャー。単独ではロボにはならないんですね。腕にサソリとクマを引っ付けて、ロボですか。
   クマは、次回コグマスカイブルーになるとか。ええと、ビッグベア元司令官の霊が、某イマジンや、スピリットレンジャーみたいに憑依して変身するようですが、まあ、仮面ライダーゴーストなんかで、幽霊戦士はいろいろ見慣れているし、そのうち「精霊戦隊ユウレイジャー」なんて実現してもいいかなあ、と。

   他には、羅針盤キュータマとか、今後の伏線も絡んできて、いろいろ楽しみなこの頃。

★仮面ライダーポッピー

   悪堕ちして、いつものキャピキャピ演技の合間に時折見せる冷ややかさに萌えたりしているNOVAです。
   しかも、彼女もバグスターの例に漏れず、誰か人間を犠牲にして実体化していたことが、今回公言され、なかなか重い過去を持っていたのかも、と今後の誕生秘話に期待を持たせてくれます。

   理想を言えば、ウィザードの敵メデューサみたいなダークヒロインに育っていけば、と思わなくもないですが、まあ、そのうち元のポッピーに戻るのが無難かな、とも。

   さて、ポッピーが敵になれば、味方サイドの女性キャラはニコちゃんしかいなくなるわけですが、彼女も次回ライドプレイヤーになって、命の危険にさらされる感じですね。彼女の毒舌と、大我とのやり取りは好きなんですが、果たしてどうなるか。

   そしてパラド。今回、初めてまともに負けた感じですが、ゴールデンウィークにはパワーアップするようなので安心。
   むしろ、このパワーアップ合戦から取り残されそうなのが大我さんで、復活したグラファイトとの因縁の対決も果たしてどうなるか、と。

   とにかく、仮面ライダークロニクル編に入って、一般人を巻き込んだライダーバトル展開が非常に面白いと思っているNOVAです。
   これまでは、いろいろと懐かしゲームをネタにすることが多かった感じですが、ここに来て一気にポケモンGOとかソーシャル的な現代風味のゲーム要素を取り入れて、おお、そう来たか、と思わせてくれたり。
   まあ、プレイヤーキラーのパラドさんに一気に蹴散らされてしまい、コンティニュー不能なのが残念なところですが、ここはジョジョのダービー戦みたいに「魂を10等分したコイン」として扱い、コインを投入することでコンティニューできたり、レアアイテムをゲットできるようなシステムだったら面白いかも(まあ、それを物語に落とし込むには複雑な設定になるかもしれませんが)。
   あっさり殺されるよりも、じわじわと命を削って続けるゲームプレイの方が、中毒性があって怖い感じ。

   とにかく、予想以上に命という物の重みを味わうことのできる展開に、満足していたり。
 
レンタル掲示板
/306