teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ゴレンジャー、キュウレンジャー、ジュウレンジャー…

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年 2月14日(火)22時39分19秒
  名前と人数が合っていないのはどれ?(ヲイ)

>絶狼
うーん、護符もらったからといって安易に遠出するアリスといい、エデルが人間を襲ったと知りながら復活させたオキナといい、アリスに手を出さない約束をした側から囮にしたカゴメといい、新キャラ達が揃いも揃って頭が足りないような。
結界に特化した法師というと漫画の結界師を連想します。結界をまとう術は、鎧無しでホラーと格闘戦をする事になる魔戒法師にとってはかなり役に立ちそうですね。

>キュウレンジャー
今回はデカレン以来の勢い重視の作品になりそうですね。
88の星座を支配したとは、ジャークマターはザンギャック並みの規模の組織なんでしょうか。
様々なご都合主義をラッキーの一言で片付けるラッキー、その幸運を野上良太郎にも分けてあげたいです。
キュータマは変身スイッチに加えて、操作レバーやコックピットやロボの関節ジョイントも兼ねているんですね。戦隊の収集アイテムの中でも汎用性はトップクラスではないでしょうか。

>エグゼイド
幻夢には新社長が入ったんですね。わざわざ顔を見せないところが怪しいですね。
二重の意味を込めた「目の前の患者を救いたいだけだ」という台詞がかっこ良かったです。
モータスが出てきてさらにスポーツゲーマーが使われたので、バイクVS自転車の対決が見られるかと思ったら、そうでもなかったようで。
魔王が勇者を倒すゲームって、「勇者のくせになまいきだ」ですか…
殆ど嫌がらせのために真実を告げられた永夢、次回予告を見る限りではMに乗っ取られるようですね。
 
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年 2月12日(日)01時55分15秒
  ・ジャイアンロボさん
 今年もよろしくお願いします。

>ジュウオウジャー
 確かに矮小な本性でしたけど、私の目にはそのおかげで逆に魅力的な悪役と映りましたね。他の悪の首領のように元々強い奴が当然のように悪いことをするよりも、実は元々は弱い奴がそれを自分にも周囲にも悟らせまいと、強い奴とはこうあるべきだ、こう振る舞うものだと考えながらそうしていた、という方が、よりひねくれていて悪役としては面白いな、と。コンプレックスの塊のような性格ですから、他人をいたぶり、見下すことをしなければ満たされなかったのでしょう。
 違う宗教の人、違う人種の人、違う国の人を拒み、同じ集団の中に閉じこもることで安全と安定を図ろうとする風潮が世界で進む中で、真っ向からそれに否と叫ぶような終わり方でしたね。ここまで一つのテーマを貫いたのには感服しました。

・伝説の勇者さん
 レスキューポリスにはそもそも悪の組織がいませんからねえ。

>絶狼
 まぁ卵を持ち帰ったところで、魔戒法師たちが場所を突き止めて乗り込んできたでしょうね。無理やり持っていった割にはその後の扱いがぞんざい過ぎましたが。
 あんな素人にもわかるような仕掛けでは、観察眼の鋭いアリスはごまかせませんよね。

>ジュウオウジャー
 ラスボスの正体が戦闘員の集合体というのは斬新でしたね。キングスライムがラスボスみたいものですから。
 ジューランドと人間界の問題についてはさすがに棚上げで終わるのは仕方ないかな、と思っていたらあんなことになって驚きでした。物議はあるかもしれないですけど、こんな時代だからこそ他者と向き合うことから逃げずに受け入れようという強い志を感じました。

>エグゼイド
 ローラーブレードを装備したライダーというのは、今までいそうでいませんでしたね。バイクや飛行とはまた違った機動力のある戦いが面白いです。
 しかし、パラドはパラドでドラゴナイトハンターZを完成させるためにゲンムと結託してグラファイトが独走するように仕向けてましたし、前回に至っては永夢とのゲームを邪魔されたというだけでバグスターを倒していましたからね。これまでの行状をまとめると、仲間が無暗に倒されるのはよしとはしないけれど、自分の楽しみのためならば平気で利用するし、それを邪魔するならば容赦はしない、ということでしょうか。

・YMさん
 今年もよろしくお願いします。

>ジュウオウジャー
 確かに、これだけの課題を終盤で怒涛のように解決して見せたのはすごい手腕でしたね。最後の最後でえらいことになりましたが、スーパー戦隊の世界ではデカレンジャーの時点で宇宙人との共存が実現しているので、そこにジューマンが加わってもそんなに問題はないのかな、と。なぜ他の戦隊では宇宙人が映らないのかといえば、それは「渡る世間は鬼ばかり」に外国人が登場しないのと同じこと、と「すごい科学で守ります」で言っていましたね(笑)。
 ジャイアンロボさんへのレスでも書きましたけど、強い奴がその力を悪用して悪事を働くというよくあるかたちではなく、元は弱かった奴がそのコンプレックスを覆い隠すために悪事を働いていたという方が、私としてはより救いようのない悪だと思うので斬新でしたね。

>エグゼイド
 そもそもなぜポッピーだけがバグスターでありながら人間の味方をするのか、衛生省もなぜそれを信じてライダーの補佐をさせているのか、そこのところがまだ描かれていませんからね。バグスターそのものも、これまでに明かされた事実を鑑みると、ヴァグラスのように自然発生的に生まれたとは言い切れませんし。
 社会人としては、せめて開発費と給料ぐらい払えよと、社会人として憤りを感じずにはいられませんでしたね。作さんも自力でゲームを開発できるだけの力量があるのなら、あんなクソ社長の会社なんかとっとと見切りをつけてよその会社に転職すべきでしょう。

>平成ジェネレーションズ
 先輩ライダーをウィザード以降に限定したのはよい判断でしたね。おかげでドラマ面でもアクション面でもメリハリがつきました。
 何も最後の最後まで死ぬ死ぬ詐欺をやることはなかったと思いますけどねぇ(笑)。

>ジュウオウジャーVSニンニンジャー
 何故か血の気の多い先輩に縁のある戦隊でしたね、ジュウオウジャーは。リーダーである大和があの性格で本当によかったというか。
 突然孫だと言われても驚きながらもすぐに喜ぶ旋風父さん、やっぱり天晴の父ですね。
 仲間だけでなく父や妹にまで報告していなかったというのは、さすがにどういう了見なんでしょうね。

>ローグワン
 私の場合は旧三部作育ちですね。今回の映画でも、ターキン総督やラストのレイアが当時のままの姿で出てきたことに驚きました。
 アーソ親子が命がけで伝えたデススターの弱点がエピソード4で見事同盟軍を救うことになるわけですが、エピソード4を見ればわかるとおり、あの弱点ってかなりの離れ業をやらないと突けないものですよね。無理とはわかっていますけど、もうちょっと攻撃しやすい弱点を作るわけにはいかなかったのかと思わないでもありませんでした。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

お久しぶりです

 投稿者:YM  投稿日:2017年 2月11日(土)18時52分14秒
編集済
   遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。
 本年もこのように遅筆になりそうですが、今後共よろしくしてくだされば幸いです。
 随分間が空いてしまいましたが、今週の特撮感想と、他に色々と映画を観たのでその感想をば。
 ……『絶狼』、ちょっと溜まっちゃってるなぁ、観ねば。

・動物戦隊ジュウオウジャー
 最終クール入りに、1.ジニスとの決着、2.風切家の家庭の事情、3.ジューランドと人間世界の問題ーーーと問題が山積みなのに大丈夫なのかと思ったら、杞憂どころかここまで見事な解決を見せてくれるとは思いませんでした。香村さんのドヤ顔が見えるようです(笑)
 むしろ、最後の最後に大問題の種をブチこんだ気もしますが、あまりそうと感じさせないところがすごいのかな?ラリーさんたちのセミナーへ普通に参加してる辺り日本人らしいなぁとも思いますが。
 ジニスとの対決で見せた大和の野生大開放。上半身のクジラのはちきれっぷりを見るに、意外とスーツ制作に手間暇がかかっていそうです。
 ジニス様は大悪党で通して欲しかった気もしますが、最後に矮小な存在(物理的な意味だけでなく精神的な意味で)であることが分かったことで、これはこれで味のあるキャラクターになったとも思います。
 全編通して、徹底的に外道だったデスガリアンに対して、ジュウオウジャー達が得た繋がりの尊さが際立っていました、いい作品でした。

・仮面ライダーエグゼイド
 特別編っぽい雰囲気だろうと容赦がないのがこの作品ですが、案の定……でしたね。
 バガモンを擁護するポッピーですが、彼女自身ナゾが多いのでもう一歩信じきれない感も。後々敵に回るようなことにはなって欲しく無いですがどうなることやら。
 バグスターと言う存在には今持って謎だらけですが、ライダー側の対立構造がハッキリしているのでそこまで複雑な話には見えないのがいい塩梅。もちろん、『鎧武』みたいに多くの登場人物の思惑が入り乱れるパターンも良いですが。
 元社長のブラック上司っぷりが際立っていましたね。おいおい社長業に返り咲くつもりだったようですが作さんたち部下が頑張ってなかったらどうなっていたことやら。
 と、言うか一度ライダー達に集めさせたガシャットを横取りしようとしたり、壇は自分でやったことややらせたことを積木くずしのように壊してばっかりですね。巻き込まれる方はたまったものじゃないです。



・平成ジェネレーションズ
 アクション、アクション、アクション!でお腹いっぱいになる作品でしたね。ちょっとアクション分が多すぎて疲れてしまいそうになるくらい、と言うのは贅沢でしょうか。
 先輩ライダーたちもそれぞれ役割があって、余計なゲストと言った印象が少ないのが良かったです。
 それにしても、タケル殿は何人命の恩人が増えるんでしょうね(笑)

・ジュウオウジャーVSニンニンジャー
 『ゴーカイ』ゲスト回に続き、ガッツリ”VS”してたなぁとしみじみ思いました。いや、2回に渡って先輩戦隊に襲われているジュウオウジャーも大概幸薄いということでもある気がしますが(オイオイ)
 旋風お父さんが思った以上にしっかり出てくれて、快晴くんへ本当に初孫を迎えたような様子を見せてくれて嬉しかったですね。本当、いい味出してくれるなぁ旋風さん。
 戦闘シーンでは超巨大ロボであるワイルドトウサイドデカキングを見上げるようなカットがあったり、後のアザルド・レガシー戦にも通じるような新鮮なカメラワークが印象的でした。
 オチの仕掛けに関しては途中からそういうことなんだろうなとわかったので、家族に報告してなかったことの方に驚きました。とりあえず、キキョウさんおめでとうございます、ということで。

・スター・ウォーズ ローグワン
 こちらではあまり触れられている方はいませんがSFの1作ということで。不適切でしたら申し訳ありません。
 僕はいわゆる『新三部作』世代ですが(旧三部作は後日観ました)、”昔のSF映画らしさ”と”今時らしさ”が上手く融合した映像になっていたと思います。
 現代に合わせたクォリティにしなくてはいけないけれども、扱っているのは1,970~80年代に公開された旧三部作の時代なので、このすり合わせは大変だったんじゃないかと思います。
 ただ、主要人物の損耗率の高さはエンタメ映画的に大丈夫なのかなといらぬ心配をしてしまったり。
 あとは、デス・スターに始まり、デス・スターに終わる、そんな映画だったなと。
 

幻魔空界12使徒はメタル各作品から1人ずつ出るんだろうか

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年 2月 8日(水)22時33分10秒
  そうなるとレスキューポリス3部作からは誰を出すのやら。

>絶狼
幼い頃に竜の卵の場所へ度々訪れたって、普通に卵を持ち帰るという発想は無かったんでしょうか。
勝手な行動ばかり取るアリスもアリスですが、わざわざ外に出たくなるような話をしたり、あんな簡単に破られるような細工をしたりするマスターも詰めが甘いですね。
カゴメがアリスを狙うのは、卵の籠の鍵を無くして二度と開けられなくするためでしょうか。

>ジュウオウジャー
まさかジニスがメーバの集合体だったとは。戦闘員の集合体といえば、過去にはキングクネクネや巨大ゾーリ魔という例がありましたが、ラスボスにまでなったのは前代未聞ですね。
巨大ジニスはミカヅキのシンゲツビーストを思わせるデザインでしたが、地球の力を得られなくなってサジタリアークの外で弱体化するという弱点をカバーできなくなったためか、意外にあっさりとやられましたね。
妄想ジューマントリオ、実は生きていたオチになるのではという説もありましたが、さすがにそれは無かったようで。
いつか人間とジューマンが共存できる日まで…と思ったら、こんなに強引に共存する日が来るとは思いませんでした。
つながりのテーマとキャラの個性をしっかりと描いた作品でした。

>エグゼイド
まさかレベル4がこんな形で登場するとは。ケチャップとマスタードによる攻撃にヤキソバンのソースビームを連想したり。
以前にバイクVS自転車の話をしましたが、これにバーガーのローラースケートも加えたら面白いかも。
ハンバーガーを求めるくせに邪魔をしてくるという理不尽な敵キャラというのは、昔のゲームにいそうなタイプですね。
必要もないのにバガモンを倒して去ったゲンム、まさにゾンビのごとく血も涙も無い奴です。パラドとの決別はそう遠くはないでしょうね。
 

遅ればせながら

 投稿者:ジャイアンロボ  投稿日:2017年 2月 7日(火)23時32分43秒
編集済
  あけましておめでとうございます(遅えよ
新年早々公私ともにバタバタしていてレーザーばりにライダーゲージをガリガリ削られてしまい、中々書き込む余裕がありませんでした。
今年もいるのかいないのかわからない地味な存在感でお邪魔しますのでよろしくお願いします。

〉ジュウオウジャー
ジニス、最後の最後でDIOばりの矮小な本性が露呈してしまいましたね。
結果論ですが、デスガリアンでお山の大将になるよりも善良な実業家を装いつつ裏でギフトや自作の兵器を売り捌いて得た金で悠々自適な生活を送っていればこんな末路は遂げなかったかもしれないのに。
ワイルドトウサイドデカキングの攻撃を受けても死ななかったナリア、地味に驚異的な頑丈さでしたね。
全く同情の余地はありませんが、組織内では純粋にジニスに忠誠を誓っていたのに八つ当たりのようにジニスに斬り捨てらてしまった最期はメデューサばりに哀れでした。
ジューマン達はジューランドに無事帰り、切ないお別れで幕を閉じるのかと思いきや、人間世界とジューランドが重なってしまうという斜め上の結末には驚かされました。
ジュウオウジャーに感化され、この世界も困難を抱えながらもつながって生きていく道を選んだのでしょうね。

つながりという言葉が疑問視されることが多い今のご時世ですが、ジュウオウジャーはこのつながりという言葉に真っ正面から挑み、描き切った作品だったと思います。
つながりを否定し続けて実を滅ぼしたジニスのようにならない為にも、自分の中で戒めていかなければなりませんね……。
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年 2月 4日(土)02時19分5秒
  ・伝説の勇者さん
>絶狼
 さすがに展開の無理やり感は否めませんでしたね。魔戒騎士と一般人は本来は交わることのない関係なので、一般人を深く物語に絡めるには多少の無茶が必要になるのもわかるんですけど。
 銀狼剣からのワイヤー射出は、ゾロのチェーン付き双剣が逆輸入されたようなイメージですね。

>ジュウオウジャー
 そういえば、操の触覚の設定が生かされたのって一回限りでしたね。というより、後半は各人の感覚の鋭敏さが生かされること自体がほとんどなくなったような。
 もはやジニスの細胞は何でもありですね。スーパー戦隊の悪の組織の出自がわからないのはよくあることですけど、ジニスがどのように誕生したのかには気になります。もしかすると響鬼の洋館の男女のように、ジニス自身も何者かによってゲームの駒として作られた存在に過ぎなかったりして・・・。
 ナリア、あれで生きてるんですかね。巨大化してロボの必殺技を喰らって爆発って、どう見ても死んだとしか思えないのですが。
 サジタリアークがどうして弓矢の形をしているのかは謎でしたが、一応謎は解けましたね。あのために弓矢の形をしていたというのも妙ではありますが。

>エグゼイド
 ゲーマーだったら目標とする相手は自分の手で倒さなければ満足感もなにもあったもんじゃないと思いますけどね。
 ドラゴナイトハンターZの制御も、もはや気合次第になってきましたね。まぁ特撮ヒーローではよくあることですが。
 結局物語上の存在意義があるのかないのかよくわからないニコですが、ピノコのポジションにしては可愛げがなさすぎますね。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

操の触覚の設定はやはり忘れ去れらたか

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年 2月 2日(木)22時05分17秒
  >絶狼
LUPOの倉庫に勝手に住み着いて追い出されないとか、一般人でも魔導具置き場に入れるような井戸があんな所にあるとか(しかもあんな落ち方で怪我しない)、籠に掌紋センサーが付いていたりとか、アリスを話に絡ませる流れがやけに強引なような。
金平糖が好きな妖精って…
魔戒列伝でも出番が多かったですし、烈花はすっかりスピンオフ作品のヒロインと化していますね。
鎧だけでなく銀狼剣からもワイヤーを出せるのには驚きました。

>ジュウオウジャー
細胞から巨大化エネルギーを抽出できる上に、細胞を注入したら地球が崩壊って、ジニスはどういう生物なんでしょうか。
あのギフトは倒しても破片から分裂するのかと思ったら、単に量産型なんですね。
ナリアは作戦の片手間に倒されてしまった感じだなと思ったら、東映の公式HPを見るとまだ生きてるっぽいですね。
サジタリアークの矢は本当に矢として使えたんですね。高みの見物してる奴を引きずり下ろすというのは豪快ですが、地上への被害が心配…

>エグゼイド
年収一億のゲーマーって…しかし自分で永夢を倒さずに、大我に倒してもらうなんてやり方で、本当に満足できるんでしょうか。
前回パラドクスがエナジーアイテムをメダルに統一させた影響はまだ残っているんですね。戦闘が終わったら元に戻るのかと思ったのに。
フルドラゴンは強い意志があれば、エグゼイドでなくても制御できるようですね。
ニコはこのままピノコのポジションにでもなるんでしょうか。
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年 1月30日(月)03時08分50秒
  ・伝説の勇者さん
>劇場版GARO DIVINE FRAME
 「炎の刻印」でのザルバは存在感がありませんでしたからね。復活早々ナンパに勤しんでいるところを息子に見つかるという感動もへったくれもない再会の仕方がヘルマンらしかったですね。
 これまでのシリーズを振り返っても、純粋にホラーだけによって引き起こされた危機というのはレギュレイスの復活とラダンの復活ぐらいなんですよね(ラダンの一件にしてもジンガとアミリは元騎士と法師でしたし)。

>絶狼
 数度会っただけの零の本質を見抜いたり、たまり場であるバクラの店を探し当てたり、アリスは洞察力と行動力がすさまじいですね。
 父親との落としどころは、深入りはしない、けど放ってもおけないという零の優しさが現れていましたね。

>ジュウオウジャー
 あそこまで気合の入ったバトルシーンは久しぶりに見ましたね。本人の意思とは無関係に巨大化・暴走させるとは思いませんでしたが、自分と対等の存在を認めないジニスの傲慢さがよく表れていました。

>エグゼイド
 患者によっては一部のライダーの攻撃が通じない、なんて事態が発生するのがバグスターの興味深いところですね。劇場版のラストで登場したパーフェクトパズルがこんなかたちで登場するとは思いませんでした。一つのガシャットで二つのゲームの特徴を使い分けられるというのは、ゼクターをセットする向きでパンチホッパーとキックホッパー両方になれるというホッパーゼクターの描かれることのなかった設定を彷彿とさせますね。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

劇場版GARO DIVINE FRAMEを見ました

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年 1月22日(日)22時26分8秒
  冒頭からエログロを出してくるところが牙狼らしいですね。
ザルバがホラーの名前と能力を説明するところを見るのは久々かも。
クリスティーナって、テレビの最終話で少しだけ出てきたキャラだったんですね。
こんな形でヘルマンが帰ってくるとは思いませんでした。ここまで息のあった親子コンビバトルはテレビ本編でも見せた事が無かったのでは。
ホラー絡みの大事件を起こすとなると、やっぱり魔戒騎士や魔戒法師を利用しないと無理なんでしょうか。
回転しまくりのワイヤーアクション、実写版でもダン以外には例の少ない槍の殺陣、魔導馬での水上戦と、アクションが半端なかったですね。
過去に縛られたゼムとニグラを、未来の牙狼達の力で倒すという流れは説得力がありました。

>絶狼
あくまで親子の話が中心で、剣と銃の対決はさほど重視されていませんでしたね。絶狼には銀牙銀狼剣ブーメランがある分、牙狼よりも飛び道具対策が整っていますからね。
笑っているけど笑っていないと指摘したり、ホラー探知機を見抜いたりと、アリスの鋭さには感心します。
残された父親をどうするのかと思ったら、やっぱりああいう形に落ち着きましたか。放置ではあまりに気の毒ですし、息子に変装して会いに行くのも無理がありますからね。

>ジュウオウジャー
父と大和とバドの繋がりの描写が見事でしたね。
6人の気迫を感じる激しい戦闘でしたね。途中、ザ・ワールドはどうしたと思ったら戻ってきて一撃を決めたところがお気に入りです。
コア破壊前にナリアが妨害して再生完了したアザルドにメダルをよこすのかと思ったら、コアに直接ぶつけるとは思いませんでした。
カモノハシ達EXキューブウェポンも加わっての巨大戦は総力戦っぽくて良かったですが、出してもらえなかったコンドルとオクトパスが不遇…

>エグゼイド
エグゼイドの攻撃だけ通じないのは、ダブルゲーマーの性質か何かによるものかと思ったら、永夢の攻撃だからだったんですね。
永夢の過去の他にも、レベル2でもレベル3ガシャットのクリティカルフィニッシュを出せる、ハンターは少人数で使っても装備は変わらない(スーツ作るのが面倒だからでしょうけど)等、設定面でも色々な事が判明しましたね。
使い分けフォームチェンジを明確に意識したライダーは久々ですね。周囲のエナジーアイテムを操作して、それをクリティカルストライクにも利用するとは、さすがパズルゲームライダーです。
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年 1月22日(日)17時51分14秒
  ・伝説の勇者さん
>ジュウオウジャーVSニンニンジャー
 二体がかりでシュリケンジンに苦戦していたのは、RPGで言うところのレベルの差みたいなものでしょうかね。ジュウオウジャーの方も終盤なので、それほどレベルに差があるとも思えませんが・・・。
 ニンニンジャーとジュウオウジャーが全滅しても、侵略者が現れ続ける限り新たなスーパー戦隊は生まれ続けると思うんですけどね。
 天晴の結婚相手はキキョウぐらいしか思いつきませんけど、仲間はおろか父や妹にまでそれを知らせていなかったというのは、さすがに何考えてるんだと思いましたね。天晴の性格から考えれば、むしろ呼べる限りの人を呼んで盛大なお祝いをしそうなものですけど。

>絶狼
 まぁ本当のところはそうかもしれませんけど、あえて余裕のセリフを吐いた方が零らしいですね。

>ジュウオウジャー
 アムの観察眼の鋭さは、母子家庭だけに母親に迷惑をかけまいとよく観察するようになったことから鍛えられたのかもしれませんね。まぁその観察眼をうまく利用して甘え上手に成長した感もありますが。
 アザルドの正体については予想通りでしたが、あれが本名だったというのが一番意外でしたね。

>エグゼイド
 前から思っていたのに、貴利矢のガシャットは永夢が持っているのに武器はゲンムが持っているというのが珍しいですね。
 レベル50といったら、ドラクエだったらラスボスを倒せるレベルですね。まだ1クールを終えたばかりでこのインフレだと、最終回あたりではレベル∞とかいきそうですね。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

レンタル掲示板
/142