teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


超スーパーヒーロー大戦を見ました

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年 4月 1日(土)19時51分44秒
編集済
  良くも悪くもスーパーヒーロー大戦らしい作品でしたね。
主人公は永夢、飛彩、アム、ナーガが主人公のようでしたが、戦隊側、特にアムの見せ場がいささか足りなかったような。
ヒーローや怪人の殆どをゲームキャラという設定にする事で、大半のキャラが噛ませ扱いになるという問題を「所詮はゲームキャラだから」で片付けられるようにしたのは、個人的には有りだと思いました。
ゼビウスの出現地が韓国なのはキョウリュウジャーブレイブの縁でしょうか。しかしゼビウスというのは敵軍の惑星の名前であって、要塞名はアンドアジェネシスだというのは突っ込んではいけない事でしょうか。
ジューランドが人間界と一体化していなかったり、ジャークマターが時空の裂け目から出てきたという設定が唐突に出てきたりと、これまでにも増して世界観等の整合性がちぐはぐに感じました。
貴利矢やゴライダーの本格的な活躍は配信版ゴライダーまでお預けのようですね。
マジイエローを選ぼうとしたら役者繋がりでビートバスターになったのは笑えました。
ゾルダと龍玄の銃撃戦が楽しめましたね。モモレンジャー、どう見ても別人すぎだろ…「いいわね、いくわよ」もありませんでしたし。
ギャラクシアンゲーマーはただ貫通光線を出すだけのフォームなんですね。ゼビウスゲーマーは飛行もできたのに。
フタゴキュータマで全合体を実現したり、巨大化アイテムを使ったりと、劇場版オリジナルロボを出さずに最終巨大戦を切り抜けたのには感心しました。そう言えばエグゼイドには、対巨大怪人用の装備はありませんでしたね。
エイトの病気の正体は分からずじまいでしたね。バグスターのように二千年問題の際に生まれたウィルスの一種でしょうか。

>絶狼
結局、アリスはただのやらかし女ではなく、究極のやらかし女だったというわけですね。ここまで陰我に染まり切っていて、よく今までホラーに憑依されなかったものです。
井戸に落ちたのがわざとだったって、それならわざわざ背中から落ちるなんて危険な事しなくても。
身勝手な理由で龍を殺そうとした太古の魔戒法師、大した考えも無しにエデルを復活させたオキナ、特別な力があるわけでもないただの性悪女にあっさりと振り回された零達と、今作では魔戒連中がいくら何でも駄目過ぎですね。
「俺がやる」のシーンは話のあからさまな引き伸ばしにしか見えませんでした。烈火を2度刺すところがとえげつなかったですね。

>キュウレンジャー
トゥーミー、バースデーケーキがモチーフにしてはかっこ良いデザインでしたね。特に両手のブレードとか。
あの世界では地球のグレゴリオ暦が全宇宙共通で使われているんでしょうか。まあカーレンやハリケンでは全宇宙共通の物がたくさんありましたからね。
エグゼイドとの共演は殆どおまけでしたね。スペースイカデビルも何しに出てきたのか分かりませんでしたし。
キュウレンオーハッピースプラッシュ、あの2体だけで必殺技を出したらキュウレンオーの技とは言えないような。

>エグゼイド
コラボ回ながら、3人の成長とストーリーの進行も明確に描かれた話でしたね。クリスマス回といい今回といい、箸休め回っぽい話でもストーリーは容赦なく進みますね。
ラッキーがエナジーアイテムに触っても、アイテム入手と見なされずに引っかかったのは、ライダーやバグスターじゃないからでしょうか。
永夢は走ってモータスを追いかけていましたが、変身して爆走バイク使った方が良かったのでは…せっかく貴利矢も仲間の一人という話が出てきたわけですし。
新社長が敵というのもポッピーが狙われるというのも予想はしていましたが、ポッピーは割とあっさり自分がバグスターである事をバラすんですね。
 
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年 3月27日(月)02時33分39秒
  ・伝説の勇者さん
>劇場版ウルトラマンオーブ
 オーブオリジンとギャラクトロンの戦いは初めてでしたが、オーブオリジン相手でも優位に立つギャラクトロンはやっぱり強かったですね。
 ああ、なんだか既視感があるなと思ったらなるほど、確かにバンドーラ一味に近い印象がありますね。ジャグラーは登場しての第一声があれですもんね。あのあともガイを真似てゼッパンドンに変身したり(そのあとすぐやられる)、なぜか銭湯に入ってたり、この人とサデスのキャラが強すぎるせいでせっかくのゲストである大地の存在が霞んでしまう勢いでした。
 ダンの登場があまりにも唐突なのは笑いましたが、セブン第一話を彷彿とさせる登場の仕方と夕暮れの街で戦うセブンの姿には心が躍りました。
 今回も結局実際の登場はせずじまいだったデザストロですが、ウルトラファイトオーブで出番はないのでしょうか。

>絶狼
 魔導筆メーサー戦車って、あんなものがあるのなら当時の法師たちでもホラーを倒すことができたんじゃあ・・・。

>キュウレンジャー
 ペガさんのキャラは面白かったのですが、話の本筋とはあんまり関係はなかったですよね。
 まぁキュウレンジャーのようにメンバーの個性が強すぎる戦隊は、リーダーなしの方が安定するのかもしれませんね。一応司令もいることですし。

>エグゼイド
 死してなお貴利矢がここまで話に絡んでくるとは思いませんでした。
 永夢と貴利矢とパラド、これまで利用し踏みにじってきた相手によって完膚なきまでに敗北し絶望の中で消滅していくのは、因果応報としか言いようのない最期でしたね。レベル99のリプログラミング能力は、同じコンピュータウィルス系統のヴァグラスあたりにも効きそうな気がします。

・YMさん
>キョウリュウジャーブレイブ
 アメリカでパワーレンジャーが劇場映画化される一方で、韓国でも動きがあるとは。その国ならではの味付けをするのは全然かまわないので、楽しみですね。

>絶狼
 純粋であることは時に悪よりも恐ろしいというのをアリスが体現しつつありますね。人間よりもはるかに長い年月を自然の一部として生きる竜は、やはり人間とは思考そのものが違うのでしょうね。

>キュウレンジャー
 ラッキーは運頼みの男ではない、自ら運を引き寄せる男だというのが公式でも語られたのはうれしかったですね。何気に今回、司令が初めて司令らしい仕事をした気がします。

>エグゼイド
 レベル99、ロックマンXシリーズのライドアーマーを思いだす外見ですよね。殺人に手を染めることを選択することになる状況に立たされ、医師としてどう判断するかは当然訪れるものですね。殺人もいとわないことを表明している大我ですが、龍騎の蓮と同じように、最後まで誰も殺さないまま終わりそうな気が何となくします。

>劇場版オーブ
 本当に、オーブらしいの一言に尽きますね。さすがに悪ノリが過ぎるところもありましたが。やはりジャグラーさんあってのウルトラマンオーブでしょう。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

今週の特撮感想

 投稿者:YM  投稿日:2017年 3月24日(金)20時52分30秒
  ・獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ
 こんなタイミングで韓国にてキョウリュウジャーにスポットが当たることになることにも驚きましたが、国内でも配信されることにもさらに驚きました。
 トリンがナチュラルに実体だったり、舞台がナチュラルに韓国になっていそうだったりとツッコミ所はありますが、食わず嫌いはせずに韓流キョウリュウジャーを楽しみにしようかなと思います。

・絶狼 Dragon blood
 今回まで鑑賞して、アリスはまるで幼子そのものの心を持ったキャラクターだと感じました。竜の卵に会った時に、パーソナリティがある種完成してしまったのかしら?
 ともあれ、年若いキャラクターと対比されることで、零たちが良くも悪くも大人であることが際立ちます。
 今回の描写を見る限り、竜そのものは邪心とは無縁の生き物のようですね。
 エデルが恨みつらみと言った邪心に取り憑かれたようなキャラクターなのは、彼が”人間の心”を持っているからなのでしょう。

・宇宙戦隊キュウレンジャー
 ペガサスシシレッド。ビジュアルは格好いいので期間限定ネタにしてしまうのはもったいない気がしますね。いや、名前は天馬なんだか獅子なんだか分からなくなってますけど(笑)
 お話の本筋はチームワークについて。つい最近まで赤の他人だったのに、いきなりお互いのことを理解するのは難しいですよね。
 新幹部ポジに、刺客イカーゲン&マーダッコ登場。そう言えば太陽系のカローはいないのでしょうか。

・カメンライダーエグゼイド
 死んでからも株を上げる男、九条貴利矢の力で完成した新たなエグゼイド・レベル99。
 そのビジュアルは完全に巨大ロボット。予告でキュウレンオーと並び立っている姿には違和感が全くありませんでした。
 ともあれそのレベル99は思いの外早く完成して、攻略可能となった社長を殺すのか殺さないのかという点に焦点が当たったのは意外でした。
 ドクターとして命を奪わない永夢&飛彩に対して必要とあらば殺人も厭わない覚悟の大我という立場の違いが浮き彫りになった形になりました。
 そして、視聴者に毎度圧倒的なインパクトを与え続けた壇黎人劇場もいよいよ閉幕。「私の夢は不滅だ!」と最期までブレない人でしたが、その夢を引き継いだのが自分を殺したパラドだというのが皮肉というべきか。
 この結末は、永夢にとっては、勝負に勝って試合に負けたならぬ、試合に勝って勝負に負けたようなものだったでしょうね。

・劇場版 ウルトラマンオーブ
 (ネタバレ注意!)
 ストーリー構成について意地悪な言い方をすると、『オーブの映画』としておとなしくまとまった作品。
 良く言えば、映画としてスケールアップを果たしながらも『いつものオーブ』らしさを失っていない良作。
 この絶妙なバランス感覚には、スタッフ陣による匠の技が感じられます。
 サデスもムルナウもやたらと濃いのにレギュラーキャストを食ってしまわない辺りはバランスなんでしょうね。
 ってか、本作の悪役連中は揃いも揃って濃い連中ばかりでしたね。世間の話題はジャグラーさんに持ってかれてる辺りはさすがというべきか。
 新世代ウルトラマン揃い踏みながら、ヒカルとショウも素面で登場しなかったのが残念。
 けれどもダン=セブンの登場は、個人的に最近『ウルトラセブン』の再放送を観たところとはいえテンションが上りました。
 ガイの正体を知った後ということもあり、キャップの距離感がよりヒロインらしくなっているように感じました。ついでに言えば、ナオミさんって美人さんなんだなと感じさせるシーンも(笑)。
 どうでもいいけれどガイさんの黒タイツ、今回はいろいろな人が着たなぁ(笑)
 

劇場版ウルトラマンオーブを見ました

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年 3月21日(火)21時08分55秒
  派手な戦闘とコミカルさを重視した作品でしたね。
冒頭からギャラクトロンという大物を惜しみなく出してくるところがオーブらしいですね。
ムルナウは何だか曽我町子キャラを思わせるキャラでしたね。配下も実力者ながら間抜けな連中が多かったですし。
サデスの暑苦しさが半端なかったですね。ジャグラーも変人化が進む一方でしたし。「色々あって就職したんだ、褒めてくれよ」って…
エックスはカーナビ扱いされる事にすっかり慣れてしまったようで。
砲撃や光線技を使いまくった戦闘が派手でしたね。サデスがトリニティのかませで終わったかと思ったら、再生したのには驚きました。
セブンは息子から話を聞いてやって来たんでしょうか。主題歌に合わせたセブン連呼が笑えました。
デザストロって、コロンボのカミさんや裁鬼さんのところの石割君のように、名前だけちょくちょく出てくるだけで本編には登場しないタイプのキャラなんでしょうか。

>絶狼
エデル達の過去の事件って、恐れに囚われた民衆のエゴかと思ったら、一部の人間達の身勝手だったんですね。
筆で作ったメーサー戦車って…そんな物を作る技術や発想があんな大昔からあったのなら、現代の魔道具はもっと近代的になってるでしょうに。
アリスってまさか、ノヴァの生まれ変わり?

>キュウレンジャー
勝手に動くアーマーと暴れ馬とは、面白い掛け合わせですね。サンダーブレスターやドラゴナイトと違って、やけに明るい暴走なのがキュウレンらしいです。
ガルの忠犬役とナーガの突っ込み役が板に付いてますね。
イカタココンビ、スティンガーと戦っただけで殆ど顔見せでしたね。2人が使った技も似たり寄ったりでしたし。
結局リーダー無しになったのは予想外でした。

>エグゼイド
やっぱり貴利矢のドライバーを使う事になりましたか。貴利矢と永夢が正式に仲間になったのはほんの束の間だったのに、貴利矢の存在がここまで影響するとは。
最強の座も不死身の力も変身能力も奪われ、最後には変身道具と命をも奪われる。檀にふさわしい末路でしたね。
マキシマムゲーマー、デカくて強い事に加えて、リプログラミングとはかなり説得力のある最強フォームですね。貴利矢のデータと大我の資金、飛彩のアイデアと永夢の特異体質という、4人の力を合わせた完成というのも見事です。
第3強化フォームと最終強化フォームの武器が共通というのは定番となっていますね。
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年 3月20日(月)23時04分42秒
  ・伝説の勇者さん
>絶狼
 以前から竜にとりつかれていたのではないか?とするには、これまでのそのような描写が浅すぎるようにも思えましたね。前々から思っていたのですが、今回話題となっている竜と烈花が使役する魔戒竜とは違うものなんですかね。

>キュウレンジャー
 ユメパックン、前回生き残ったのにあんな死に方をするとは思いませんでした。スティンガーがセイザブラスターを持っていた理由が「スパイだったから」で解決してしまいましたね。さすがに9人がかりで来られたら、エリードロンでなくても勝てる気がしません。

>エグゼイド
 たかだか自分以上の才能の持ち主の存在を知ったという理由だけで、その相手の人生をここまで滅茶苦茶にするとは。確かに、なぜCRに担ぎ込む前にバグヴァイザーとガシャットを没収しておかなかったんでしょうね。

・超絶!コンバットスーツさん
>ジュウオウジャー
 まぁ、あの異空間に引きずり込まなくても、大和がよく見ればいずれはばれていましたからね。ただ「よく見る」だけで正体がばれてしまう悪役というのも珍しいですが。

>エグゼイド
 それでも、メインのストーリーを展開しつつ「ゲーム病に感染した患者をライダーが救う」という毎回のイベントをきっちり描いているあたりは立派だと私は思いますね。

・YMさん
>キュウレンジャー
 やはり9人そろった節目ということで、派手にやりたかったんでしょうね。アントン博士の件についてスティンガーが(おそらく)絡んではいないことは司令がフォローすべきでしょうけれど、あの人そういうのはやらなさそうだなぁ・・・。

>エグゼイド
 冷静に考えればやればやるほど己の器の小ささを露呈していっているだけなんですが、そんなことを感じさせないのが絶妙な演技でしたね。大我やニコには却下された作さんのゲームですが、実際に出したら案外バカゲーとしてカルト的な人気を博しそうな気もします。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

今週の特撮感想

 投稿者:YM  投稿日:2017年 3月19日(日)08時59分38秒
  ・宇宙戦隊キュウレンジャー
 例年なら1クールのシメ辺りに来そうなド派手なアクションでした。つくづく展開が早いなぁ。
 スティンガーは思ったよりあっさり味方に。とはいえアントン博士の一件や兄との因縁など、今後も一筋縄ではいかない感じ。
 ショウ司令は名前とは裏腹に本当に食えない人ですね。
 最近、ガルのラッキーに対する忠犬ぶりが目立つ感じも。いずれある主役回では忠犬だけではないところを見せてほしいかもです。

・仮面ライダーエグゼイド
 壇黎人劇場全開でした。変身後の演技でも、仮面の奥の表情が見えそうなくらい鬼気迫る物がありました。
 やってることは場当たり的かつ小物悪役そのものなんですけどね。ゴルド蛮野とならぶ2トップ下衆悪役なんじゃないでしょうか。
 お坊さんが活躍するゲームは大天空寺の面子からは大人気になりそうですね。
 

藤岡弘もバイクになる時代か……

 投稿者:超絶!コンバットスーツ  投稿日:2017年 3月16日(木)23時13分2秒
   こんばんは。ご無沙汰しています。
 超絶!コンバットスーツです。

 すっかりご無沙汰している間に、戦隊は新しい連中に変わって、エグゼイドも新展開を迎えていますね。
 ……とりあえず、今年度中にクリーツの第50話をアップしようとしていた私の野望は、もろくも崩れそうです。
 けものフレンズに現を抜かしている場合じゃねぇ。


・ジュウオウジャー

 終わってから、もう一ヶ月以上たってしまいましたが、何とか全体を通したお話みたいなものをちゃんと描いた作品として終わらせてくれました。
 アザルドの正体とか、伏線を張りつつも予想を裏切る展開とか職人技を見せてもらった気がします。

 ……ただ一点。
 自分の内部とも言うべき異空間に引きずりこんでおいて、正体を見抜かれると言う失策をやらかすジニス様。
 ドジッコにもほどがありませんかね。いや、正体がメーバじゃ仕方ありませんけど。


・エグゼイド

 レイザーこと貴利矢先生が死んでから話がいい感じに動いてきたエグゼイド。
 第2クールに突入してからは医者であることに意味が出てきた……と思ったら、また医者である意味が薄れたような気がして少し複雑な心境です。
 ……やっぱり、医者とヒーロー、食い合わせが悪いんじゃないですかね。
 あと、いい加減OPまで省略する作風は個人的にどうかと思います。


・UFO仮面ヤキソボーイ

 皆さんご覧になっているかわかりませんが、あの名CM、UFO仮面ヤキソバンの続編に藤岡弘氏が登場しました。
 休憩中、スマホで動画を見ながら、笑いが止まりませんでした。
 ……えぇ。何もアクセルって後輩がいるからって、藤岡弘さんまでバイクに変形することはないと思うのです。はい。 

http://abaraboroboroinpc.web.fc2.com/

 

キューレイピアの刃がキュースピアやキューシックルの柄になるのは無理を感じる

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年 3月14日(火)22時35分35秒
  >絶狼
アリスの心が龍に取り付かれていた…僕の書き込んだ「アリスはトラブルを起こすホラーでは」という言葉は、ある意味では正しかったと言えるか(ヲイ)?
エデルの復活にあの稚魚もどきが関わっていたとは思いませんでした。
魔界の龍は単体で卵を産めるようですね。つがいと言っても、まさか本当に龍と人間が交わったわけではないでしょうし。
龍とエデルが人間を襲うようになったのって、やっぱり人間達に裏切られたんでしょうか。

>キュウレンジャー
ラッキーも前回の民間人の態度は気にしていたんですね。
ユメパックン、スピルバンにも同名の怪人がいましたが、断末魔の「まんぷくりん」って言葉もその話のサブタイトルに使われていましたね。
スティンガーがスパイだったとは。アントン博士を殺したのはスコルピオなんでしょうか。
エリードロンがもう退場するとは思いませんでした。でも後で復活するでしょうね。
地球には秘密がある…まさかゴーカイジャーが壊した宇宙最大のお宝が復活したとか?

>エグゼイド
永夢のウィルス感染も檀の仕業だったとは。まさにユーゼスやロン並みの「全ての元凶」ぶりですね。
病室に檀をかつぎ込む際に、バグヴァイザーとガシャットを没収しておけば良かったのでは…
今回の件で衛生省から圧力をかけられそうです。でもあのまま檀を捕まえたとしても、バグスターに変身されて抵抗されるだけだったでしょうね。
次回登場する最強ゲーマー、今回作ったガシャットと貴利矢の形見ドライバーで変身するようですね。
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年 3月12日(日)18時18分52秒
  ・伝説の勇者さん
 ありがとうございます。アロエか・・・トマトなら毎日一個食べてるんですけどね。

>絶狼
 あそこまで親と子の姿がかけ離れているのも珍しいですね。子供を攻撃や防御に使い始めた時にはさすがに突っ込まざるをえませんでしたが。

>キュウレンジャー
 さすがに他の星とは違う扱いまでしておいて、「地球」ではないということはないと思いますけどね。ワシボイジャーは翼を広げたワシそのものが腕になるというのが、なんだか動きづらそうに見えました。そのうち9つのボイジャーが全部合体するときは、絶対背中に合体して飛行パーツになりますね。

>エグゼイド
 クウガがグロンギと戦っていた頃には既にバグスターが誕生していたというのは驚きですね。ポッピーが時々知識不足なのは、やはりもともとゲームキャラであるがゆえに余計なことはプログラムされていないということなんでしょうか。
 確かに、基本的にゾンビゲーってそういうゲームですよね。逆にプレイヤーがゾンビになって人間を襲うゲームって、現実にあるんでしょうか。

・YMさん
 ありがとうございます。さすがに一週間たてば大丈夫だと思いますが・・・。

>キュウレンジャー
 私の場合キュウレンジャー助けてというよりは、「他の戦隊やライダーは何をしてるんだ」という方が先に立つのですが。
 個人的にはスパーダは「いい人」というよりは「リアリスト」だなぁという印象を受けましたね。あの堅実さはある意味では、これからほとんど宇宙全体を支配している組織に喧嘩を売ろうとしている連中の一人らしくないな、というか。

>エグゼイド
 永夢のゲーム病を巡って遠回りしたように思えますけど、よくよく考えたら死ぬ前の貴利矢の足取りはもっと早くに辿るべきでしたね。
 あんなことを言っていますけど、結局のところ彼はゲームマスターとして全ての人間を掌の上で頃がしたいだけなんでしょう。しかし、ロンやジニスもそうでしたが、ゲームマスターを気取る者は自分もゲームに参加したとたんに駒の一つになり下がるのだということまで理解しているんでしょうか。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

今週の特撮感想

 投稿者:YM  投稿日:2017年 3月11日(土)22時32分22秒
  管理人様、インフルエンザお疲れです。ご自愛ください。病気は治りかけが大事とも言いますし。

・宇宙戦隊キュウレンジャー
 惑星チキュウという表記は、これまで登場した惑星と同列の存在とされている感が出ていいですね。
 もっとも、チキュウ人……もとい地球人である視聴者としては世紀末感溢れる地球の様子に「早く助けてキュウレンジャー!」と思わずにはいられないわけで。
 今回から導入されたキューレットお留守番システム。イメージとしては今までラプターが担っていた役割をローテーションする感じですね。物語上、彼女が最後に変身した意味はあったと。
 今回はラプター主役回であると同時に、スパーダのいい人ぶりが際立つ回でもありました。ラプターの命と意志を最大限に尊重する姿はまさに理想の兄貴分。
 ……なのですが、今週のウェブ動画でラプターに酷い目にあわされる憂き目に(笑)

・仮面ライダーエグゼイド
 桐矢先生の得ていた情報をようやく永夢が入手する回。
 同時に、正宗のきな臭さも増しているような。ゼロデイを引き起こしたのは黎人としても、その時正宗がどんな立ち位置だったかは巧妙に濁しているわけで。
 ニコちゃん、ギャグ演出が無いとチンピラ感がハンパ無いです(苦笑)この子は徹頭徹尾ブレないなぁ。
 致死量のダメージとサラっと言ってますが、裏返せば毎度永夢たちは人殺しをするところだったともいえますね。色々な意味で恐ろしい話。
 「満たされない人に夢と冒険を」と嘯く黎人ですが、最近の彼のGM権限乱発ぶりを見るに、こんな態度で運営されるゲームで充足感を得られるプレイヤーがいるとは思えませんね。
 

レンタル掲示板
/142