teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年10月22日(日)18時33分24秒
  ・伝説の勇者さん
>牙狼
 なんかもう、剣でさえ時代遅れ扱いされかねませんね。まぁホラーは人間よりもはるかにタフですから、たとえソウルメタル製の弾丸でも何発も撃ち込まないと倒せそうにないし、やっぱり剣でぶった切るのが一番効果的か。
 あの記憶消去法、室内にいた人にもちゃんと効果は及ぶんですかね。
 本人も言っていたように物騒な地域ですし、犯罪に巻き込まれて死んだことにした方が彼女にとってもあきらめはつくと思うんですけどね。

>ジード
 私も、次元を超えて飛ばされたわけではなかったのには拍子抜けしました。まぁ、そうなっていたらゼロブレスレットが直っていないと捜しに行けませんが。
 ゼナもかつての教え子たちをもっと導いてやることはできなかったのかな、と思わないでもありませんでしたけどね。

>キュウレンジャー
 自分がジャークマターの兵器として作られた出自を知ったぐらいで、いまさらあのチャンプが仲間に顔向けできないなんて思うだろうか?と、ちょっと疑問には思いました。
 テトラボーイのようにキャノンに変形したロボを単体のロボが担ぐのはありましたけど、まさか必殺バズーカを巨大ロボでやるとは。テンビンやヘビツカイはともかく、ワシは見栄え的な意味であの位置が固定になりそうですね。

>ビルド
 龍我はいい加減、物証がない限り冤罪を晴らすことはできないというのを理解してもらいたいですね。
 何もないところから金を生みだす、ほとんど錬金術のようなアイドルビジネスの闇を垣間見た気分です。

・YMさん
>平成ジェネレーションFINAL
 さんざん言われつくしているでしょうけれど、今回は福士君が再び弦ちゃんを演じてくれるというだけで満足すべきでしょうね。

>ジード
 ある目的のために生み出された存在という意味では、リクとクルトは似た者同士だったんですよね。ただ、リクはずっと普通の人間としての生活を送ってきて自分の生み出された理由について知ったのが比較的最近だったのに対し、クルトは戦いの道具として生み出されたことを承知の上でこれまでの人生をそれだけのために費やしてきた。そのあたりが、二人の運命を決めてしまったんでしょうね。

>キュウレンジャー
 牛型汎用機動兵器って、ジャークマターは何を思ってそんなものをアントン博士に作らせたんでしょうね。
 なるほど、単にガタが来ているというのも考えられますね。

>ビルド
 CDに握手券をつける商法ですら叩かれがちなのに、特に何の見返りもなく金を要求するって、大炎上しそうですね。しかも金を集める目的が非合法の活動のため。なんとなくみーたんにはアンチも一杯いそうな気がします。
 「あの時の俺はどうかしてた」で済まされる問題じゃありませんよね。なんでもっと深く追求しないのか。まぁ追及してもあの店長ならどこぞの誰かさんみたいに「だが私は謝らない」とか言って開き直りそうですけど。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 
 

今週の特撮感想

 投稿者:YM  投稿日:2017年10月21日(土)21時44分5秒
編集済
  ・平成ジェネレーションFINAL
 歴代ヒーロー全員集合とはいかなかったものの、ヒーロー以外のキャスト陣が登場してくれるのは嬉しいですね。
 アンクをはじめ御成やJK、それに大杉先生と、シリーズを支えたそうそうたる面々と大スクリーンでまた会える日が来るとは思いませんでした。

・ウルトラマンジード
 AIBのビターな掘り下げ回。
 ゼガンを倒す力はゼガン自身だったというのはなんとも皮肉でした。
 ウルトラマン二人がかりでやっとどうにかなるほどの戦力となれば、ゼガンをゼナが取っておこうと思い、クルトが手に入れようとしてしまうのも納得してしまいます。
 過去の生き方や価値観を変えられないクルトの心情は、歳を取った今だからこそ分かる所があります。

・宇宙戦隊キュウレンジャー
 チャンプの外装を脱ぎ捨てて正体を表すゼロ号はメカゴジラを思い出しますね。名前はエヴァンゲリオンっぽいですけど(笑)
 チャンプはあれから300年間稼働し続けていたんでしょうか。だとしたら暴走の原因ってまさか整備不良とかでは……。
 かつて自分の事情を1人で背負い込んでいたからこそ、相棒の心を開かせることが出来たスティンガーに成長を感じます。
 チャンプの暴走は3人の秘密ということになりましたけど、裏表のないガルに隠し事ができるんでしょうか。まぁ、いずれ明かす必要はあるでしょうから、これはこれで良いのかもしれません。

・仮面ライダービルド
 前回、デコボコ気味だった戦兎と龍我がはじめて本当のベストマッチになったかと思いきや、今度は戦兎が葛城巧殺害の容疑者に。
 ギャグっぽく描写されていますが、結構シャレにならない状況のような。
 そんな葛城について調べるために北都へ。
 視聴者にお金をタカ……もといねだるネットアイドルってほとんど違法なのでは?
 北都の難民や貧困の描写は、仮面ライダーの戦いとは無関係に世の中には大変なことがあるという、目をそらしてしまいがちな当たり前のことを思い出させてくれます。まぁ、この場合大本は店長(の行動)のせいなんですが。
 ファウストの技術の根幹とも言うべきネビュラガスの原理を明らかにした、と言う意味では確かに「葛城がファウストを作った」と言えなくは無いですね。

http://musouno.hatenablog.com/

 

レム(ユートム)が体を持ったら、両手が光線銃と球状ハンマーになったロボットになるんだろうか

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年10月16日(月)22時01分30秒
  それとも怪獣擬人化計画のごとく、両手を武器に換装できる美少女になるか?

>牙狼VL
初代牙狼が銃の時代に剣を使ってると笑われたかと思ったら、別世界で拳銃を使う魔戒法師が現れ、そして今回はライフルを使う魔戒法師まで現れるとは。魔戒騎士のバイクといい、魔戒の戦士達も時代と共に変わったものですね。
記憶操作の手段が御札ではなく降雨弾というのはアメリカンな世界観に合わせてでしょうか。
あの選手はスペースビーストの被害者のように事故死した事にされるのかと思ったら、行方不明扱いのままなんですね。「後は彼女次第」で済む問題じゃないような。

>ウルトラマンジード
次元の狭間にでも飛ばされたのかと思ったら、地上の裏山に飛ばされただけだったのは拍子抜けしました。
以前にケイを監視していたゼラン星人が、モアのAIB入隊のきっかけだったんですね。
戦士として育てた教官は戦いを捨てる道を選び、育てられた教え子は戦いを捨てられなかったとは皮肉なものです。ゼナにとっても「運命に抗う」話だったんですね。
次回はいよいよベリアルの登場ですね。

>キュウレンジャー
ケンビキョウキュータマによる体内侵入をまたやるとは思いませんでした。くしゃみというのは涙と並んで体内脱出の定番ですね。
実はジャークマターとして作られたチャンプは、実はリベリオンのスパイだったスティンガーとは対照的な立場だったんですね。
光線吸収返しを吸収し切れないエネルギーで破っていましたが、オリオンを手に入れる前だったら、イカーゲンの時のように多方向一斉攻撃で破ったんでしょうか。
オリオンビッグバンキャノン時はワシとテンビンとヘビツカイの配置は常に固定なんでしょうか。そういえばこの3体は、カプセル合体では未だに商品化されていないという共通点がありますね。

>ビルド
しつこく戦兎を犯人扱いする龍我。そんなんだから筋肉馬鹿だのうるさい猿だの言われるのに…
アナグラムはやっぱり日本語よりもアルファベットの方が、分かりにくくて暗号として向いていますね。
闇ブローカーに払えるほどの募金を、あっという間に集められるみーたんって…
前回は毒を吸い出し、今回はフルボトルを自ら装填して援護に回るとは、クローズドラゴンはオートバジン並みに役立ちそうですね。
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年10月15日(日)22時43分48秒
  ・伝説の勇者さん
>牙狼VL
 現代か近未来っぽい都市が舞台なのは流牙シリーズに近いですけど、ここまで俗っぽいというか人生を謳歌している黄金騎士は初めてですね。見た目がごついせいかヘルマンのような軽薄さを感じないのが不思議です。今までにも雷牙のように徒手で戦うことの多い黄金騎士はいましたけど、ここまでガチの殴り合いが好きな黄金騎士も初めてですね。
 あんなモンスターバイクと合体できるとなると、もはやザルバもただのアドバイザーに留まらず立派な戦力ですね。確かにあれでは轟天の出番がなさそうです。

>ジード
 ああ、そういえばたしかにベリアル融合獣の片方は名前に「キング」の付く怪獣ですね。自らカイザーベリアルなんて名前に改名したぐらいですから、王とか皇帝とかいう肩書きにこだわりがあるんでしょう。そういえば、ゴーストのマコト兄ちゃんが使用した眼魂の英雄が皆「王」のつく二つ名を持っていた理由は結局不明のままでしたね。
 確かに、光の国以外にも多くの星にとってベリアルは脅威なんでしょうね。
 シャドー星の決戦兵器というゼガンの設定は、シャドー星人がセブンで初登場した宇宙人だという設定をちゃんと踏襲していますね。

>キュウレンジャー
 メインは完全にバトルオリオンシップだったので、わざわざ性格を曲げるイベントまで突っ込む必要あったのかなと首をかしげたくなりましたね。
 肝心かなめのオリオンキュータマの探索は部下任せというのが、頼りになるのかならないのかよくわからない司令らしいですね。
 オリオンバトラーのコクピットの位置、現実のオリオン座ではベテルギウスの位置ですけど、何か意味があるんでしょうか。

>ビルド
 戦兎が暴走しかけたときには龍我が止める、というのはよかったんですが、怒りに我を忘れて暴走しかけた時でもボトルをシャカシャカやるのは・・・。
 美空はみーたんの時以外はひたすらに淡白でダウナーな印象があるので、あの反応は意外でしたね。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

ベリアル融合獣が名前に「キング」と付く怪獣を選んでるのは単なる偶然だろうか

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年10月13日(金)20時21分20秒
  >牙狼VL
舞台の都市といい主人公の体格といい、今回の牙狼はアメコミっぽさがありますね。
ソードの性格は陽気でスケベなところがヘルマンに近いでしょうか。やけに肉体派なようですが、もしかして剣使わない方が強いのでは…
今回のザルバはバイクと合体できるんですね。そうなると轟天は登場しないんでしょうか。

>ウルトラマンジード
リクの夢に出てきたのはベリアルでしょうね。
シャドー星は壊滅状態になっていたんですね。AIBのメンバーには同じ境遇の宇宙人が他にもいるんでしょうか。そういえばAIBの中にペダン星人がいましたが、ペダン星はウルトラギャラクシーから50年後にナックル・ヤプール連合軍との戦争で壊滅状態になりましたが、ジードはウルトラギャラクシーから何年後の話なんでしょうか。
ゼガンはベリアル融合獣でもないのにカラータイマーを付けているのかと思ったら、コックピットだったんですね。
ビッグバスタウェイとそれと互角のレボリウムウェーブもどきをそれぞれ片腕で受け止めて跳ね返すとは、さすがはゼロビヨンド。

>キュウレンジャー
性格まで曲げるとは、今回のようなイベント回で使うにはもったいない能力ですね。
オリオンバトルシップの内部をオリオン号と同じに改装したけど、オリオンキュータマは見つけられなかったから部下任せとは、準備が良いのか悪いのか分かりませんね。
オライオンの棍棒が、現在も誰かに持ち去られずに残っていて良かったですね。これもラッキーの幸運の賜物?
オリオンバトラー、コクピットが右肩というのが珍しいですね。武器が棍棒というのも珍しいですが、オリオンモチーフらしい力強さを感じますね。

>ビルド
結局、戦兎と佐藤太郎は本当に同一人物のようですね。
戦兎と龍我の、互いの暴走を止め合うコンビというのがかっこ良いですね。
ラビットとドラゴンもベストマッチなんですね。クローズドラゴンは龍我の変身アイテムになるんでしょうか。
美空が恋愛話であんなにパニクるとは思いませんでした。
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年10月 9日(月)19時38分16秒
  ・伝説の勇者さん
>ジード
 あんな演技までできるようになったのは、もともとの高性能に加えて、リクたち人間の振る舞いを観察してきた結果なんでしょうね。
 秘密基地に万能工作機械のような機能が備わっていれば、レムが自ら行動するためのアンドロイドボディを作ることもできるんでしょうけれど、今の状態でも十分にリクのサポートはできているので、彼女がその必要性を感じるかどうか。もし実現するとしたら、三森すずこさん自身に演じてほしいですね。

>キュウレンジャー
 ああ、そういえばジャカンジャのあいつがそうでしたね。ありがとうございました。
 一度戦闘しただけで敵が機械を操るからくりを見抜くあたりは、さすがにツルギは博識ですね。
 メンバーの中でも、おそらくこだわりの料理道具をオリオン号のキッチンに置いていたであろうスパーダの精神的ダメージが特に心配ですね。

>ビルド
 喫茶店なのにコーヒーが不味いって、さすがにいかんと思うのですが。
 確かに風魔とクリエイターゲーマーを連想しますね。しかし、マンガって・・・。今週のビルドでスマッシュ誕生のからくりが判明しましたが、ネビュラガスには地球の記憶でも含まれているんでしょうか。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

ミクロから巨大化で等身大化したのはジャカンジャのバンパ・イヤーン

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年10月 2日(月)23時10分43秒
編集済
  それはさておき、ゴライダーをレンタルDVDで見ました
ライダーの配信作品やおまけDVD作品の類ではトップクラスの出来ではないでしょうか。思いのほかシリアスな展開に驚きました。しかしタイトルに反して、ゴライダーの扱いはほぼおまけでしたね。
できれば木野が医者の先輩として永夢に接する姿を見たかったですね。せっかくの16年ぶりの出演ですし。
耀子が戒斗や木野を説得する役割になるとは思いませんでした。
前々から一人だけ死んでいない事を突っ込まれていた剣崎、何だかキャラに違和感があると思ったら、そういう事だったとは。
状況から真相を暴いてダイイングメッセージから黒幕を見つけるというのは、Wやドライブでありそうな展開ですね。本編未登場の脱出・推理アドベンチャーゲームと言えるかも。
剣崎がジョーカーという事実が、文字通り切り札になる展開は見事でした。

>ウルトラマンジード
以前にリクがゲームを買う可能性を指摘したかと思ったら、今度はあんな嘘までつけるとは、つくづく高性能な人工知能ですね。
こんな形でペガとライハにモアの正体を知られるとは思いませんでした。
体があればって、まさか今後、レムの体を作ってもらえる伏線なんて事は…

>キュウレンジャー
ペンチを動かしただけで触れもせずに機械を暴走させられるのかと思ったら、スライムで動かしてただけと知って納得。
参戦が遅いゆえにオリオン号に思い入れが無くて、ただの船としか扱わないツルギと、ただの妄想で終わらせまいとするラッキーの対比が良かったですね。
オリオン号の退場は、次回登場のバトルオリオンシップの伏線だったんですね。しかしあれでは、オリオン号に置いてあったメンバーの私物は全部吹っ飛んだでしょうね…

>ビルド
nascitaで何シタって、ナオミのコーヒー並みにまずいんでしょうか。
ブラッドスタークはビルドを強くしようとしているようですが、やっぱりマスターなんでしょうか。
また龍我がドリルクラッシャーを使っていましたが、あの状況からまた拾ったとは考えにくいですし、2つあるんでしょうか。
忍者と漫画という組み合わせに、劇場版エグゼイドの風魔とクリエイターゲーマーを連想するのは僕だけ?
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年10月 2日(月)01時26分11秒
  ・伝説の勇者さん
>ジード
 鉄拳で遊びながら大事な話をするって、どんだけPS4を推すんだよと思いましたね。
 捨てる神あれば拾う神ありと言いますが、まさにリクはそんな感じですね。父とゼロの合体ウルトラ戦士VSゼットンとキングジョーの合体怪獣の対決は、さすがに迫力がありました。

>キュウレンジャー
 普通だったらブラックホールなんかぶつけられたら相手が誰だろうと存在そのものが消滅しそうですけどね。
 ミクロサイズの戦闘員を脳内に送り込んでいたとは、感情の解放が聞いて呆れますね。アキャンバーはどこまでも嘘つきな女です。
 感情を制御できるようになったことでヘビツカイメタルの力をそのまま使えるようになるとは思いませんでした。悪堕ち時の力を元に戻っても使えるようになるのは、最近遊んだドラクエ11のマルティナを彷彿とさせますね。

>ビルド
 紗羽のカーアクションがどう見ても素人のそれじゃあありませんでしたね。世間では指名手配になっているビルドに密着取材を申し込むだけあって、これまでにもかなり無茶な取材をしてきたんでしょうか。
 組織外の人間を使い捨てにするだけでなく証拠隠滅まで徹底しているとは、つくづくセキュリティの厳重な悪の組織です。
 世間的にはみーたんが何を目的にネットで情報収集を呼びかけているかまでは知られていないわけですよね。そんな彼女宛てにわざわざスマッシュの情報を送りつけてくるあたり、ブラッドスタークはかなり戦兎たちの側の事情に精通しているようにも見えますが・・・。

・YMさん
>ジード
 寺田農さんはすっかり父親役が板についてきましたね。あの飄々とした感じはマックスで演じたメトロン星人もキャラに含まれると思います。
 ウルトラマンジードとしてではなく朝倉リクという一人の人間として周囲の人間に愛されるリクが、神のように崇拝するベリアルにすら「ストルム星人」と種族名でしか呼ばれないケイに負けるはずがない、というのが感じられましたね。
ケイの小説は実際のところゼロとベリアルの戦いを都合よく書き換えただけで、フィクションではなくノンフィクションでしょう。もしかすると実際に文面を考えていたのはベリアルでケイは代筆していただけかもしれませんし。

>キュウレンジャー
 ミクロサイズの敵が巨大化してようやく人間サイズになるというのは、前にどこかで見たような気もするのですが思い出せませんね。
 過去で別れるときに司令とチャンプはそれぞれのキュータマをラッキーたちに預けてませんでしたっけ? 2回前の話なんですけど記憶が曖昧ですね・・・。

>ビルド
 クライシスインパクト後はどこも物騒なようなので、自動車メーカーも今まで以上に頑丈な車を作るようになったんでしょうか(笑)。
 電気工作を使って鍋島の娘に父親が記憶を失ったことを説明し、新しい思い出を作っていくように諭す戦兎が科学者らしかったですね。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

今週の特撮感想

 投稿者:YM  投稿日:2017年 9月30日(土)19時49分27秒
   『GARO ヴァニシングライン』の放送直前スペシャルを観ました。
 ベテラン声優達のあけっぴろけなトークなども見所でしたが、やはり本編のビジュアル=ザルバのインパクトはそれ以上でした。

・ウルトラマンジード
 奇妙な手紙を残した、リクの名付け親の朝倉錘。
 メタ的にはリク=陸に対して、錘=スイ=水ともかかっているのでしょうか。
 それはともかく、錘さんは当て書きなんじゃないかというくらいに寺田農さんの演技が光りますね。
 重い過去をゲームをしながら語れる錘に対して(=彼の中では当に折り合いをつけてられている)、つい動揺してゲーム操作に反映されるリクと言う対比に、年齢が感じられて良いです。
 こうして、大切なものを再確認したリク。
 彼の大切なものを「クズ」と言い放つケイに対する「かわいそうな人」、「何もない」という言葉が、ここまでの描写があってこそ、最高の説得力を持って響きます。
 ……ケイのように感性の枯れ果てた人が小説家として名を馳せていたと言うのも皮肉な話ですが。
 こうして退場するかと思われたケイですが、なんとか生き延びたようで。少しホッとする部分もありますが、ベリアルの不穏な発言も。
 ウルトラマン達のカプセルも使って変身したペダニウムゼットンが通常時と変わらなかったのがちょっと不満だったのですが、どうやら変身以上の効果があったようで。

・宇宙戦隊キュウレンジャー
 時間旅行に続いてミクロの決死圏とは色々なSFを取り入れますね。
 暴れまわることで神経を刺激?しているような描写はヤバいクスリのメタファーのようにも見えたり。
 ともあれ、グレたナーガを救い出そうと奮闘するキュウレンジャー 一同。
 普通のタイプとは色がガラっと違うミクロツヨインダベーはキョダインロウで通常サイズまでしかなれないというのがおかしい。
 怒りをコントロールする術を身に着けたことで、ヘビツカイメタルの力を正義のために使えるようになったナーガ。彼がダーク化した経験は無駄では無かったのだと感じられます。
 久々のキュータマジンでさらっと時空を超えて現れるリュウ&オウシキュータマ。何でもありだな、キュータマ……。

・仮面ライダービルド
 アクション映画さながらの潜入劇&カーチェイスの末に西都を脱出した龍我一行。(やたら頑丈だったな、あのバン……)
 ビルドの戦いは、鳥にキューブに巨大怪人と、なんだか記憶が1年位前まで飛んでしまいそうですね(笑)
 ブラッドスタークはビジュアルと裏腹に飄々としていながらダンディな雰囲気。声の表現はエフェクトのかかったナイトローグとは異なるようですが果たして……。
 二度スマッシュにされ、記憶を失った鍋島。第2話の悲劇を考えると、生命があっただけ儲けものと言う気もしますが、大変な事態であることには変わりないわけで。
 娘のために記憶を取り戻して欲しいと言う龍我も、親子の思い出を新しく作って欲しいと諭す戦兎も、いずれも間違っていないと思います。

http://musouno.hatenablog.com/

 

ジードの宇宙人は肩書きが昔のままなのか

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年 9月26日(火)23時11分20秒
  シャドー星人は「宇宙ゲリラ」から「宇宙捜査員」あたりに、バド星人は「(自称)宇宙帝王」から「宇宙狙撃手」あたりに変更したほうが良いのでは…
マックスでは「放電竜」「装甲怪獣」「超科学星人」という例がありましたし。

>ウルトラマンジード
前回のPS4返品が伏線になるとは思いませんでした。
朝倉さん、ウルトラの父かキングが体を借りてるのかと思ったら、リクの名付け親でリトルスター持ちだったとは。遺伝子上の親の悪事に悩まされるリクを励ますのが名付け親というのが面白いです。
マグニフィセントとペダニウムゼットンの対決は重量感がありましたね。
伏井出は何かを育てる苗床として使い捨てられそうですね。

>キュウレンジャー
ブラックホールキュータマの技、敵を吸い込む技かと思ったら、ブラックホールの重力を利用した破壊弾のようですね。
ナーガの洗脳があんな方法だったとは。そういえばヒルドリルが小田切長官を操った時も、ミクロ化して直接侵入していましたっけ(涙から脱出という共通点もありますね)。しかし直接内部に入って暴れるという物理的な手段の割に、ナーガの心が本人の姿で捕らえられているというのは中途半端に精神世界的なような。
操られた影響で怒りを制御できるようになったから、ヘビツカイメタルがそのまま使えるというのは納得しました。

>ビルド
壁ぶち抜いてカーアクションする紗羽も凄いですが、あの車もどれだけ頑丈なんだか。
龍我が投げたドリルクラッシャー、どこから持ってきたのかと思ったら、ビルドが攻撃を受けた時に吹っ飛ばされたガンモードを拾ってブレードモードに組み直したようですね。
香澄は倒したら死亡、鍋島は倒したら記憶喪失とは、どこまでも隠蔽が徹底していますね。
ベストマッチテスト機がパンドラボックスのパネルだったとは、話が出てきた4話にして早くも衝撃の真実発覚ですね。マスターがやってたバイトってブラッドスターク?
 

レンタル掲示板
/147