teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:36/1443 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

今週の特撮感想

 投稿者:YM  投稿日:2017年 7月22日(土)22時11分34秒
  通報
  ・ウルトラマンジード
 自分=ジードがベリアルに似ていることに苦悩するリクのドラマはそこまで濃くなくて、超能力少女だったエリを巡るサスペンスが中心でしたね。
 とはいえ、避難の描写を含めて怪獣の危険さが十分に演出されているので、いざ怪獣が現れたらどうにかしなくちゃヤバい!となる心理は大いに納得できるものでした。
 鳥羽ライハ、刀を持っていて言葉少ないことを除けば結構普通の女性だったところにギャップがありました。よもやプライベートは眼鏡とは。
 シャンプーに関する会話は男の一人暮らし(厳密には違うけど)と女性の一人暮らしの違いが現れていて面白かったです。
 それにしても、リトルスターは妙な能力を授けるわ、怪獣を引き寄せるわと今のところ迷惑極まりないですね。

・仮面ライダーエグゼイド
 パラドに迫る死の牙……なワケですが、ポーズにさえ気をつければコンティニューの目はあるワケなのであそこまでビビることは無いんですよね、新壇黎斗理論に従えば。(パラドが完全体なのかはイマイチ分かりませんが、仮面ライダークロニクルのキャラとして登録してあるならソルティ達のように再生が可能なはず)
 それでもパラドが恐れを覚えるのは、死にたくないから。
 コンティニューがあろうが何だろうが人間の本能的な部分で死ぬのはイヤだと言う思いがあるからだ、ということが奇しくも同じ天秤の上に乗せられたニコとリンクする形で描かれました。
 そんなニコの「死にたくない」はパラド以上に重かったです。何しろついこの間、大我が生死の境をさまよったのを目の当たりにしたことで、彼女は今までになく”死”と言うものに直面したはずですから。
 ニコの思いを聞き、パラドと戦うことを決意した鬼の永夢先生。
 相手よりも有利な立場から翻弄し、嘲笑し、命を奪う……奇しくもパラドが今までしてきたことを凝縮したような追い詰めぶりでした。
 ただ、これが本当に偶然なのかというのは気になる所。「敗者にふさわしいエンディング」と言う台詞は狙ったようにも見えますし。
 パラドが今までどれだけひどいことをしてきたか、心が繋がった相手として、永夢が身をもって教えてあげようとしたのかな……なんて妄想したり。
 いや、どっちにせよ鬼畜な戦いぶりだったことには変わりませんが(笑)

http://musouno.hatenablog.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:36/1443 《前のページ | 次のページ》
/1443