teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


平成ジェネレーションFINALを見ました

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年12月12日(火)23時29分19秒
編集済
  戦う理由を探す龍我が実質的な3人目の主人公でしたね。
エニグマのデザイン、どう見てもガブリンですよね…ガーディアン達の合体能力を使って腕部分を作ったのはなるほどと思いました。
パラドクスもビルドも赤と青のライダーって、言われるまで気付きませんでした。
フェニックスボトルがアンク復活と関係してくるのかと思ったら、関係ありませんでしたね。
黎斗は相変わらず笑わせてくれます。しかも御成にあっさりと言いくるめられていましたし。
財団Xが久々に登場したと思ったら、既に「裏技 仮面ライダーブレイブ」に登場していたそうですね。
映司はMOVIE大戦MEGAMAXでコアメダルを取り戻したはずなのに、今回は持ってきていなかったんですね。
バイクアクションが気合入っていましたが、車の爆発横転シーンは無意味だったような。
またアンク声でのタジャドル変身を見られるとは思いませんでした。
ノブナガとグリムのゴーストは、眼魔世界にいるので来られなかったスペクターとネクロムの代理人といったところでしょうか。
エニグマが破壊されたのに、戦兎と龍我はどうやって元の世界に帰ったのか…紘汰に頼んだ?
各ライダーの見せ場もアクションも十分で、平成最後のMOVIE大戦にふさわしい作品でした。
来年春にアマゾンズの劇場版…アマゾンズは未だに未見なので、公開までに見ておかないと。

>牙狼VL
街の復興とルークの復帰で1話まるごと使うとは思いませんでした。
あの世界のホラーは、結界さえなければ昼間でも活動できるんでしょうか。
アデレード、女の腕であんな大きな銃の二丁拳銃ができるのかと思ったら、片手でホラーを投げ飛ばすとは、あの世界では騎士だけでなく法師にも怪力キャラがいるんですね。

>ウルトラマンジード
バリアを張ったり、カプセルのエネルギーを変換するだけでなく、戦いで受けたエネルギーも反転させて溜め込めるとは、ストルム器官は想像以上に厄介な能力だったんですね。
ストルム星を滅ぼしたのって、ケイが知らないだけで、やっぱりベリアルなんでしょうか。でもケイの狂信者ぶりなら、それすらも受け入れてしまいそうです。
ペダニウムゼットンの超巨大化はルギエルの力でしょうか。エンペラカプセルがレゾリューム光線の力を得られるとしたら、本来はウルトラマンではないリクにはどれだけの効果があるのか気になるところです。
ケイとアリエの関係って、捨て駒信者と崇拝対象というベリアルとケイの関係と重なっているのかと思ったら、まさか逆だったとは、見事にやられました。

>キュウレンジャー
サザンキングは見たまんま黒十字王でしたね。もしかして並行世界の黒十字王なのでは…
あっさり終わったと思っていたラッキーの父の問題が、ここに来て再発するとは。偽物に幻覚に操り人形と、どこまでも引っ張りますね。
撤退する前のツルギが妙に不調でしたが、サザンキング戦のダメージなのか、それとも他に何かあるのか。

>ビルド
バナナは駄目でもプロテインなら手懐けられる龍我って…
10年前のマスターは美空を助けるためにパンドラボックスに触れたんでしょうか。
スパークリングフィニッシュはクリムゾンスマッシュのように光のドリルを出すのかと思ったら、グラフのワームホールを作るとは。
ボトルは偽物でパンドラボックスも奪還されて、難波会長とマスターの契約は解約されるんでしょうか。でもオクトパスとライトは取られたままでしたっけ。
 
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年12月10日(日)18時52分11秒
  ・伝説の勇者さん
>牙狼VL
 管轄を離れて遠く旅へ出るということ自体、魔戒騎士には珍しいことですからね。あの世界はアメリカっぽいから砂漠にはサソリとかもいそうで危ないですけど。そういえば零は毒を飲まされても全く効いていなかったですけど、ソードもサソリに刺されるぐらいなら平気なんでしょうか。

>ジード
 シャドー星の戦士であることをやめた時点で、人命のために行動するようになったのかもしれませんね。最近はクルトの一件もありましたし。
 アリエがこれで本当に使い捨てにされて死ぬキャラだったら、本当になんだったのこいつという感じでしたが・・・。

>キュウレンジャー
 そもそも「矢座」って、それ自体どうにかならなかったのかというネーミングですからね。そこから開き直ったかのように、「野球玉」にしてしまうとは。
 野球とカシオペアというゴレンジャーネタは予想できたはずですが、完全にやられました。

>ビルド
 ナイトローグの天井ぶら下がりやスタークの毒液注射は固有の能力ではないんですかね。
 どうやってボトル持ち歩いてるんだとかグローブだとボタンが押しづらいとか、妙にメタなところを突いてきますね。

・YMさん
>ジード
 これで本当にアリエが死んでいたら、ただの破滅願望でイカレた女が自業自得で死んだだけの話だったんですけど、今週の放送では・・・。

>ビルド
 鍋島にしても妻子もいますし、勇気のいる決断だったでしょうね。以前戦兎が言っていた「見返りを求めては正義とは言えない」という行動の結果がまたよいかたちで帰ってきたということですかね。
 マスターがビルドのシステムの完成と全フルボトルの回収を目的として行動しているのは間違いないですけど、問題はその真意がどこにあるかですね。そのために彼は龍我を殺人犯に仕立て上げたり無関係の人間をスマッシュにして結果として香澄のような死者まで出しているわけですから、どんな理由があったにしてももう後戻りできないところまで来ちゃっているように思えますが・・・。

>キュウレンジャー
 今回はスパーダの頑固者という側面がよい方向に働きましたね。まぁ努力の結果編み出したのが、バットすら使わない滅茶苦茶な打法というのはそれでいいのかと問いたくもなりますが・・・。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

今週の特撮感想

 投稿者:YM  投稿日:2017年12月 9日(土)11時14分53秒
  ・ウルトラマンジード
 ジードに一度負けて以来、敵側の主人公めいた奮闘ぶりを見せた伏井出ケイはやっぱり悪なおだと思い知らされるエピソード。
 カプセルを巡る二転三転の攻防戦が軸ですが、何よりアリエの最期に全部持って行かれた感がありますね。
 ケイに、あるいはケイの横にいる自分に心酔していた彼女ですが、当のケイからどう思われているかという視点を、ノンフィクションライターにもかかわらず、いつからか失ってしまったのが悲劇だったか。
 しかし、アリエの姿は初期のケイを思わせる部分もあり。……今回の所業がケイに対してどのように跳ね返ってくることやら。

・仮面ライダービルド
 意外にも準レギュラーと言って良い登場ぶりを見せる鍋島さん。記憶が戻っても知らぬ存ぜぬを貫いた方が安全だったでしょうに、それでも戦兎たちに連絡してくれるとは、ありがたい。
 オクトパスライトフォーム登場とパンドラボックス奪還と言った大きなトピックもあるものの、こちらもやはりブラッドスタークの正体が明かされたことが最大のインパクト。
 そうだろうとは思っていたものの、明かされてみるとマスターは今までどんな気持ちで戦兎たちと漫才していたのかと思いを馳せてしまいます。
 マスターとしての顔とブラッドスタークとしての顔、果たしてどちらが石動惣一の本当の顔なのか……。

・宇宙戦隊キュウレンジャー
 野球をモチーフとしたエピソードに、爽やか系ガンコ者と言うスパーダの(普段あまりスポットの当たらない)個性を上手く絡めた構成、多分。
 野球ネタからゴレンジャーオマージュまで多彩なネタが散りばめられていました。
 キュウレンジャーボールの時は、腕痛めたばかりなのにラッキー無茶するなぁと思ったり(そう言えばラッキー、セイザブラスターをつけたままどうやってミットをつけていたんでしょう?)
 シメは『努力は報われる』と言うスパーダシェフからの子どもたちに向けたポジティブなメッセージが爽やか。
 ……おかしい。今回はとんでもなくカオスな話だったはずなのに、王道の子供番組の感想のような感想になってしまいました。

http://musouno.hatenablog.com/

 

劇場版ジードにはジャグラーも味方として登場するのか

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年12月 4日(月)21時48分45秒
  オーブがライトニングアタッカーを使っている所を見ると、ウルトラファイトオーブよりも後の話のようですが、オーブ10構想の10章よりも後なんでしょうか。ジャグラーは10章では、ガイを行く先々で邪魔するそうですが…

>牙狼VL
敵に要求されたわけでもなく、自分からヒロインを連れて敵アジトへ向かうという展開は珍しいですね。数日かかる乗り物の旅というのも、魔導馬とは違って鎧召喚しなくても使えるバイクならではですし。
チアキは同じ顔の人があちこちにいるんでしょうか。
いくら魔戒騎士でも、パンイチで野宿は危ないのでは…虫とかもいるでしょうし。

>ウルトラマンジード
ゼナって大を生かすために小を捨てるタイプかと思ったら、人名最優先で考えていましたね。編集の大隈を死なせた反省もあるんでしょうか。
また仕事を台無しにされて、そろそろレイトがリストラ対象にでもされないかと心配です。
ゲームだけかと思っていたキングギャラクトロンが本編にも登場した事に驚きましたが、あの着ぐるみは今年のウルフェスで使用されたものだそうですね。
アリエがこんなに早く殺されるとは思いませんでした。自業自得以外の何物でも無いのに、彼女の死をあんなに悲しむモアはどこまでも良い子ですね。

>キュウレンジャー
戦隊ではたまに出てくるスポーツ対決ですが、今回は色々と予想外な展開が多かったですね。
「矢」キュータマなのに「野球」タマって…まあ「矢」だとイテキュータマと被りますけど。
顔面に魔球と聞いて、顔の前にバットを構えて角度を調整して返すのかと思ったら、マスクの角で跳ね返すって…
球技+カシオペア繋がりでキュウレンジャーハリケーンとはやられました。

>ビルド
鯵の開きが好物…佐藤太郎は焼肉と牛丼が好物だった事を踏まえると、やっぱり別人の可能性が高いという事に…
ナイトローグとスタークは性能上は同じ強さなんですね。しかし経験の他に、技の多さもスタークの方が上のようですね。
変身すると手袋の分だけ指が太くなるという事実が、こんな形で指摘されるとは思いませんでした。
マスターはスタークの本来の目的に従ってビルドを鍛えていたんでしょうか。次回は辛いパワーアップ回になりそうですね。
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年12月 3日(日)18時09分7秒
  ・伝説の勇者さん
>牙狼VL
 雨宮監督の本来の認識では鎧の召還=必殺技なので今までのようにトドメを刺すときだけ鎧を召還するのが本来あるべき姿なんでしょうけれど、やはり鎧でのアクションは満足できますね。しかし今回の被害、実写・アニメどちらを見ても牙狼シリーズ最大級の被害だったのでは・・・。
 最後に両方とも剣を捨ててステゴロを始めたのには驚きました。そのうち牙狼阿修羅の時のようにプロレス技でフィニッシュを決めるかもしれません。

>ジード
 ペガの語る様子が悲壮ではなかったので、あの世界ではペガッサシティが健在のように思えましたが、実際のところはどうなんでしょうね。
 ゼッパンドンの時といい、ゼットンと別怪獣の合体怪獣ではだいたいゼットンの方の能力が目立ちますね。確かに想定外の邪魔のせいで負けましたが、逆に言えば想定外のことでも起こらない限り敵の攻撃を完封できるのがゼットンの恐ろしいところです。
 あの麻痺性の攻撃はZ光線の特性が反映されたものですかね。バードンをダウンさせただけあって、ゼットンクラスの敵にも通用するのでしょう。

>キュウレンジャー
 ピッコロと神様、ナイトガンダムとサタンガンダムみたいな人ですね、アントン博士。
 下手に改造して半端なパワーアップと引き換えに再生能力を失うよりは、あれを残しておいたほうがよっぽど強いと思うんですけどねぇ。

>ビルド
 鍋島の記憶が戻ったのには驚きましたけど、これって口封じの手段をスマッシュ化に頼っていた氷室には致命的ですよね。特に葛城の母には思いっきり素顔を晒しちゃってますし。
 最初の頃の強敵ぶりはどこへやら、最近は撤退ばかりですね。まぁ主にスタークの勝手のせいですけど。
 平成ライダーで水に落ちて消息不明は「生きてます」と言ってるのと変わりないですからね。さらにビルドの場合、香澄のときのように人が死ぬときはしっかりと「死んだ」と描写しますし。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

キングがベリアルを処刑しなかったのは、亡霊になったり、強くなって復活する事を恐れての事だったんだろうか

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年11月27日(月)22時02分57秒
  >牙狼VL
今まで鎧の出番が少なかった事の反動か、凄まじいまでの鎧アクション回でしたね。しかしあれだけ街に被害を出して、雨だけで誤魔化せるんでしょうか。
白銀騎士…2号魔戒騎士枠とされる銀騎士が、登場から既に暗黒騎士とは。ナイトに代わって白銀騎士になるキャラも出てくるんでしょうか(ルークか?)。
やっぱりソードって素手の方が強いのでは…

>ウルトラマンジード
青雲荘が宇宙船なら、最終決戦あたりで敵の本拠地へ行くのに使われそうですね。
ペガの親と家というのが気になりますね。ペガッサシティはあんな事になりましたし…宇宙の他の場所に住んでいたのか、あの世界ではペガッサシティが破壊されていないのか。
前回の戦闘データを生かしていただけあって、今回のペダニウムゼットンは超能力を生かした、ゼットン寄りな戦い方でしたね。想定外の邪魔が入って負ける辺りもゼットンらしいです。
グビラから出てきた、電撃属性のリトルスターから出てきたのがゾフィーカプセルというのは意外でした。

>キュウレンジャー
まさかアントン博士が二重人格だったとは。
ファンタジー世界に迷い込んで、操られた牛男の心に呼びかけ、操り元を叩いて元に戻す…何だかデジャブを感じるのは自分があれの作者故か…
メカ改造したと聞いてまさかと思ったら、やっぱりマーダッコの再生能力は失われていたんですね。魔族の体を超魔生物に改造したために復活できなくなったハドラーを連想します。
近接武器を奪われてから、オリオンの力で遠距離武器を召喚しての攻撃という流れが良かったですね。

>ビルド
ファウストと難波重工の関係が発覚、パンドラボックスはスタークに奪われ、ファントム壊滅の演技、忘れた頃に登場した鍋島と、話が大きく動いていますね。
「この私が撤退だと」って、今回に限った事じゃないでしょうに。
ゴーカイジャーとトッキュウジャーの大いなる力(違うって)で戦うライダーの武器が、錨と列車をクロスボウに見立てたものというのが面白いですね。
肩を撃たれて川に落ちた内海、どう考えても生きているでしょうね。
 

レス

 投稿者:影月@管理人  投稿日:2017年11月26日(日)16時49分31秒
  ・伝説の勇者さん
>牙狼VL
 炎の刻印に続きアニメ版の暗黒騎士登場ですね。全く関係ないのですが、なぜキバのチェックメイトフォーにはナイトがいなかったのかいまさらながら気になりました。
 ここでシスターが死んでしまうとは思いませんでした。人間から化け物の姿への中間状態とはいえ生身でホラー相手に素手であそこまで善戦した人はシリーズでもはじめてではないでしょうか。

>ジード
 ジードに対する市民の信頼が確実に高まっていることを感じさせる回でもありましたね。
 もともとのギエロン星獣はバラバラにされた肉片が寄り集まって再生していましたね。そもそもあの再生能力自体、セブンではR1号の放射能による突然変異という設定だったような・・・。
 登場からまもなく最強形態の座をロイヤルメガマスターに明け渡したり、何かと不遇ですよねマグニフィセント。

>キュウレンジャー
 本当にマーダッコは忘れた頃に再登場しますね。腹筋をこなすのはすごいのですが、上を脱ぐ必要は果たして・・・。ギガントホウオーも腕部分を交換可能だったとは思いませんでした。

>ビルド
 本当にあの数のボトル、どうやって持ち歩いてるんでしょうね。カードやメダルなんかと違ってかさばりますし。
 香澄の死までの流れを振り返ると、あんな手紙を書いてる暇なんてあったとは思えないのですが・・・。

・斡主さん
>ジード劇場版
 当然ガイさんも登場するでしょうから、おじさんと少年の年齢格差は楽しめそうですね。

・YMさん
>ジード
 実相寺監督風の演出がされてましたけど、「超兵器R1号」の監督は実相寺監督ではないんですよね・・・。
 悪の宇宙人同士の密会現場を見てはしゃぐ女なんて、地球人どころか宇宙人から見てもやっぱりイカレてるんでしょうね。

>キュウレンジャー
 司令という本来だったら重要なポジションであるはずなのにメイン回がこんな話になってしまうというのがショウ司令らしいですね。
 やっぱり本来はビッグベア総司令が上に立ちショウ司令はメンバー間の調整に当たるというのが本来あるべき姿だったのでしょうね。

>ビルド
 変身時の様子をよく見ると、素体部分はビルドと同じなのにクローズドラゴンのパーツが合わさることでビルドと全く違う印象の姿になっているのが面白いですね。ただ、龍我がパンチを得意としているのと、2号ライダーというポジションを考えると、必殺技はパンチにしてほしかったなぁ。

http://dodohaslanded.web.fc2.com/

 

今週の特撮感想

 投稿者:YM  投稿日:2017年11月25日(土)21時59分30秒
  ・ウルトラマンジード
 少しミステリアスなテイストのエピソード。
 『オーブ』、『ジード』とバトルがメインのシリーズが続くので、個人的にはもっと”少し不思議”な方向に全振りした回をもう一回くらい見たいなぁとも感じるところですが。
 とはいえ、ジードの殆どの姿の活躍が描かれたバトル回としての側面もあったり、実は伏井出さん案件であることを示してシリーズとしての緊張感をキープする構成はお見事。
 それにしても、宇宙の悪人同士の日常な会話を見ただけで「信じられない!」と興奮するアリエさん。
 ケイから冷めた目で見られるのも当然という見方もできますが、同時にベリアルから見たケイもこんな感じだったのだろうなとも思ったり。

・宇宙戦隊キュウレンジャー
 決戦ムード(具体的にはクリスマス頃)高まる中での箸休め的なコメディ回であり、ショウ司令の主役回。
 こういう所で主役が回ってくる辺りが実にショウ司令らしいと言うべきか。
 ツルギとの大人の会話がシブいですね。
 キメるところはキメてくれたショウ司令ですが、本来は人の上に立つよりもムードメーカー・和ませ役的な立ち位置の方が性に合っていそうではあります。

・仮面ライダービルド
 2号ライダー、クローズ誕生。
 その鍵となる辺り、やはり香澄さんの存在は龍我の中では大きかったのでしょうね。
 お墓の場所を知っていた辺り、戦兎は描写されていないところで香澄さんの死後に遺族への連絡などをしていたと考えるのが自然でしょうか。ヒーロードラマで亡くなった人のその後のことが考慮に入れられているのは好印象。
 仮面ライダークローズの大枠はビルドと同じながら、スカジャン……もといアーマーなどでガラリと印象を変えていますね。変身ポーズも似ていますが、間に龍我らしい拳を打つ仕草が入るだけで大きくイメージが変わります。

http://musouno.hatenablog.com/

 

つなぐぜ! 願い!!

 投稿者:斡主  投稿日:2017年11月24日(金)02時45分53秒
  お久しぶりです
斡主です

最近知ったのですがジードの劇場版の情報が公開されたそうです
新形態としてウルティメイトファイナルが登場するそうですがどの様な物語になるのでしょうか

それから劇場版には本仮屋ユイカさんが比嘉愛流役で出演するそうです
ジードとも共闘するらしいのですが果たしてどんな活躍をするのでしょうか

それでは失礼します
 

エンペラカプセルを使ってからアーマードダークネスを着けたら、鎧の効果をより強く受けられるんだろうか

 投稿者:伝説の勇者  投稿日:2017年11月22日(水)21時58分14秒
  >牙狼VL
エルドラドの名が話に積極的に絡み始め、暗黒騎士も登場して、いよいよ話が動き始めましたね。
ソフィーが無闇に出しゃばらずに情報収集に徹するという成長を見せた矢先に、敵の方からソフィーを狙ってきましたか。ソフィーをクイーンにでもするつもりなんでしょうか。そうだとしたら、キングがソフィーの兄という可能性も出てきますが…
シスターがあんな事になるとは。あの実力なら、修行すれば魔戒法師も務まりそうだったのに。

>ウルトラマンジード
一定の時間に必ず現れる怪獣、倒しても復活、再生の謎解き、市民に協力を呼びかけるという地球人の防衛隊が存在しない作品ならではの解決と、今回の流れはウルトラマンよりもウルトラQシリーズに近いですね。
あのギエロン、再生能力がかなり強化されていたようですが、ケイが怪獣カプセルに改造を加えたものなんでしょうか。焼いても粒子化して飛び去って再生するって、魔人ブウですか…
1日目はプリミティブとアクロスマッシャー、2日目はソリッドバーニング、3日目と5日目はロイヤル、4日目はゼロビヨンドって、3日目はマグニフィセントにして欲しかったです。
あのレキューム人はまたAIBの裏切り者かと思ったら、情報屋だそうですね。

>キュウレンジャー
最近影の薄かったショウ指令の久々の活躍に加えて、マーダッコも久々の活躍ですね。
キュータマも使わずに腹筋9999回をこなすとは、さすが伝説の救世主。
リュウテイオーも久々な事もあってか、合体パターンを3つも出してきましたね。「あれ貸して」って、ギガントホウオーの剣でも借りるのかと思ったら、ブースターを借りるとは。
やっぱり敵だったアントン博士。次回、イッカクジュウアームを使っているところを見ると、Episode of スティンガーの話も出てくるんでしょうか。

>ビルド
あらすじでボトルの収納を突っ込まれていたのが笑えました。
スタークが最初からライダーを鍛えるために作られていた事に驚きました。
ドラゴン以外全て奪われたのかと思ったら、キーも残っていたんですね。
戦兎は香澄の墓の場所をどうやって調べたのか…またみーたんに頼んだ? あの手紙もどこで手に入れたのか…まさか捏造なんて事は無いですよね…
ドラゴニックフィニッシュはドラゴンライダーキックの水平撃ちという感じですね。ビートクローザーはここ数年のライダーの武器ではかなりかっこ良い部類ではないでしょうか。
 

レンタル掲示板
/147